賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

ニュース・コラム

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム

2018年4月20日 更新

不動産の譲渡所得に対する税金の個人と法人の違い

不動産を売却して譲渡所得を得ると、当該譲渡所得に個人であれば所得税と住民税が課せられ、法人であれば法人税が課せられます。個人と法人では税制にどのような違いがあるのでしょうか。

2018年4月19日 更新

不動産の売却利益を多くするにはどうしたら良いか

転勤、帰郷などの事情やライフスタイルの変化によってマイホームなどの不動産を売却しなければいけないという局面が訪れることがあるかもしれません。 そのような場合に出来る限り利益を多くしたいと思うのはもっともなことです。このた …

2018年4月18日 更新

賃貸併用住宅における家賃収入と固定資産税

賃貸併用住宅による賃貸経営は固定資産税に対してどのような影響を与えるのでしょうか。家賃収入を得ることによる不動産所得には所得税、住民税が課税されますが、固定資産税は上がったりするのでしょうか。

2018年4月17日 更新

ゼロ円住宅!!

2018年3月28日 更新

老後における夫婦の生活費の問題点

将来の老後における生活費の問題がクローズアップされる時代となってきました。 この背景には日本の人口の少子高齢化の進展、人口減少などによる公的年金制度の維持が懐疑的になってきていること等があります。 これまでは貯蓄と退職金 …

2018年3月27日 更新

二世帯住宅に必要とされる平均的な坪数

二世帯住宅を建てようと思ったときに必要となる建物の大きさはそれぞれの家族によって異なってきます。 しかし、二世帯住宅の大きさに最も影響を与えるのは生活様式の違いによるタイプです。二世帯住宅に必要とされる平均的な坪数はどれ …

2018年3月22日 更新

老後の財産管理について

人は誰でも歳を取ります。 老後の生活を安心して送るためには、安心できるだけの財産を所有しておくことが大切です。 しかし、財産を所有していても生活を送るためには、現金が必要になりますから、これらの財産を管理していく必要があ …

2018年3月14日 更新

二世帯住宅による税金対策

近年、家族の絆を大切にしたいという意向や、共働き世帯で子供の面倒を親に見て貰いたいという考えなどから二世帯住宅への注目が高まっています。 しかし、二世帯住宅では税金対策についてしっかりと考えておかなければ、後になって困る …

2018年3月9日 更新

家賃収入に対する課税について

賃貸併用住宅の運用から得られる家賃収入も所得である以上は必ず課税されることになります。 家賃収入に対してどのような課税が行われるのかを知っておくことは大変重要です。

2018年2月28日 更新

老後の安心を何に求めるか

少子高齢化、財政不安、社会保障費の拡大など老後に対する不安が増していくニュースが多いなかで安心して老後を迎えるためには何が必要になるのでしょうか。

2018年2月26日 更新

二世帯住宅における区分登記のデメリット

自宅部分が二世帯住宅となっている賃貸併用住宅を建てるときに、それぞれの居住エリアを明確に分けてお互いのプライベートを独立させるため完全分離型の二世帯住宅とされる方がいらっしゃいます。 しかし、登記の際に気を付けなければ思 …

2018年2月23日 更新

家賃収入の仕訳における注意点

賃貸併用住宅で家賃収入を得ている場合、家賃収入から経費を控除した額が20万円以上となる場合には確定申告をする必要があります。 確定申告を行うとなると普段から収入と支出の管理を行い、その種類に応じた仕訳を行う必要があります …

2018年2月19日 更新

不動産投資は老後に適した資産運用

公的年金に対する不安が高まっているなかで、老後に備えて蓄財をすることは大切なことです。 しかし、蓄財だけでなく資産運用による定期的な収入があると老後の生活に対して安心感が高まります。 不動産投資は老後に適した資産運用と言 …

2018年2月14日 更新

家賃収入は消費税の課税対象となる?

賃貸併用住宅を取得して運用すると家賃収入を得ることになりますが、家賃収入に対して消費税は課税されるのでしょうか。

2018年1月29日 更新

家賃収入のうち手取りの目安

サラリーマンであれば会社から給与が支給されます。給与による収入はいわゆる額面と手取りとがあります。これは会社から支給された給与の総額が額面といわれる総収入であり、ここから税金や社会保険料などが控除されて、実際に手元に入る …

2018年1月25日 更新

夫婦に必要となる老後資金はいくらなのか

将来はリタイアして老後の生活を楽しみたいという方も多くいらっしゃることだと思います。老後の生活に備えると考えた場合、どれらくいの資金が必要になるのでしょうか。