横浜市中区から都内へのアクセスについて

はじめに

神奈川県横浜市の中でも最も都心部に当たるのが横浜市中区。
神奈川県の行政やビジネスにおける中心地であり、そして神奈川県を代表する観光地もその多くが中区に存在しています。
さらに、昔からの高級住宅街が存在するほか、近年ではマンションも多く建てられ人口が増え続けているなど、住環境として注目されている地域でもあります。
今回は、そんな横浜市中区から東京都内へのアクセスについて紹介したいと思います。

中区から都内へ直接アクセスできる3つのルート

横浜市中区を通っている鉄道路線は4つありますが、その中で東京都内へ直接アクセスできるのは以下の3路線です。

JR根岸線

中区内で利用可能な根岸線の駅は桜木町・関内・石川町・山手の4駅です。
根岸線そのものは横浜駅と大船駅とを結ぶ路線ですが、京浜東北線と一体で運転が行われているため、都内へ直接アクセスすることができます。
特に桜木町駅からは都内へ向かう始発電車が出ていますので、座って移動することが可能です。
東京駅までの所要時間は桜木町駅からが約40分、石川町駅からが約45分となっています。
なお、タイミングによっては横浜駅で東海道線に乗り換えたほうが早く着くケースもあります。

京急線

中区内で利用可能な京急線の駅は日ノ出町駅になります。
京急線は品川から都営地下鉄浅草線へ直通運転を行っていますので、新橋・日本橋・浅草といった都内各駅へアクセスが可能です。
日ノ出町駅に停車するのは各駅停車とエアポート急行。
エアポート急行は京急蒲田駅から空港線に入り羽田空港へと向かうので、都内へ向かうには途中の駅で乗り換えが必要となります。
また、朝の通勤ラッシュ時はエアポート急行は運転されていませんので、各駅停車に乗車し、横浜駅で特急もしくは快速特急に乗り換えとなります。
快速特急を利用した場合、横浜駅から都内の主な駅までの所要時間は、品川駅までは約20分、新橋駅までが約30分、日本橋駅までが約35分です。
日ノ出町駅から横浜駅までは各駅停車で約5分で行くことができます。
したがって、乗り換え時間も含めて横浜駅からの所要時間に10分程度プラスした時間が、日ノ出町駅から都内各駅への所要時間ということになります。

みなとみらい線

中区内で利用可能なみなとみらい線の駅は馬車道駅、日本大通り駅、元町・中華街駅の3駅です。
みなとみらい線は、ほとんどの電車が東急東横線と直通運転を行っていますので、都内へ乗り換えなしでアクセスが可能です。
元町・中華街駅から都内主要駅への所要時間は、特急を利用した場合、渋谷駅までが約35分、新宿三丁目駅までが約45分、池袋駅までが約50分となっています。

最後に

今回は横浜市中区から都内へのアクセスについて紹介しました。
ここまで見てきたように、中区の各駅から都内へは1時間以内で行くことができ、アクセスは良好です。
別の記事でも紹介したように横浜市中区は魅力いっぱいの街ですから、都内へのアクセスも良好となれば、ますます住んでみる価値があると言えそうですね。

新規募集中の賃貸併用住宅はこちら
[su_posts posts_per_page=”3″ tax_term=”61″ tax_operator=”0″ order=”desc”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です