賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

自分に合った賃貸併用住宅を見つけよう!| > 賃貸併用住宅のお役立ちコラム > 将来的な賃貸の空室リスクに備えて考えておくべきこと

将来的な賃貸の空室リスクに備えて考えておくべきこと


はじめに

投資や経営といったものにリスクはつきものです。
どのような投資をするにしても、どのような経営をするにしてもノーリスクということはあり得ないでしょう。
賃貸経営においても同じで、いくつかのリスクが存在しますが、その中でも最も代表的なものと言えばやはり空室リスクということになるでしょう。
そこで今回は、将来的な賃貸の空室リスクに備えて考えておくべきことをいくつか取り上げてみたいと思います。

将来的な賃貸の空室リスクに備えて

将来的な空室リスクに備えて考えておくべきこととしては、次のようなことが挙げられます。

はじめが肝心

まず「そもそも空室が出てしまいやすいのはどのような物件なのか?」という点を考えておく必要があります。
一番の理由として考えられるのは、アクセスや周囲の環境など立地条件があまりよろしくないというパターンでしょう。
このようなケースでも、ある程度の範囲内であれば建物が新しい間は入居者が集まるかもしれません。
しかし、時間とともに空室が生じやすくなってしまいます。
また、立地条件がよかったとしても、その地域の需要にマッチしていない物件ではどうしても部屋が埋まりにくくなります。
たとえば、近くに大学があって1Kの物件に対する需要が非常に大きい場所に、ファミリー向けの間取りの物件があったとしても、部屋は埋まりにくいですよね。
ですから、将来的な空室リスクを少しでも減らすためには、物件を購入するときにこれらの条件をしっかりと見極める必要があります。
はじめが肝心というわけですね。

古くなったらリフォームなどのテコ入れを

築年数が経って物件が古くなってきた場合というのも、空室が生じやすい要因の一つです。
こういった場合は、リフォームが効果的な手段となるでしょう。
外壁や部屋のクロスを新しくするといったことだけでも、部屋の印象はずいぶんと変わるものです。
また、どうせリフォームするなら入居者の希望に合わせた間取りや設備にするというのも手でしょう。
あらかじめ入居者の希望を聞いてから工事に取りかかりますので、せっかくお金をかけてリフォームしたのに思ったように集客ができないなどといったことは起こりません。
さらに、自分好みの部屋ということで愛着を持ってもらいやすく退居率が低く抑えられる点や、通常よりも高めの家賃を設定しやすい点も魅力です。

最後に

ここまで紹介したこと以外にも空室対策として有効な手段はいくつか存在します。
たとえば、周囲の物件にはないような人気の設備を導入するといった方法も効果的でしょう。
将来的な賃貸の空室リスクに備えるには、このような集客のためのノウハウをしっかりと身につけておくことも重要です。