横浜市中区の賃貸需要について

はじめに

港町横浜の中心に位置する横浜市中区。
「山下公園」や「横浜中華街」「横浜赤レンガ倉庫」といった観光スポットが多く存在する地域として有名です。
また、神奈川県庁や横浜市庁・神奈川県警本部などの行政機関も多くが中区にあります。
横浜の都心と言える地域が中区ということになるわけです。
今回は、そんな横浜市中区の賃貸需要について考えてみることにしましょう。

横浜市中区ってどんなところ?

横浜市中区はさまざまな顔を持っている街です。
まずは多くの観光スポットがある街としての顔。
冒頭でも触れたように、横浜を代表する観光スポットの多くは中区に存在しています。

続いては、官公街・ビジネス街としての顔。
こちらも冒頭で触れましたが、横浜市の主要な行政機関は中区にあります。
また、たくさんの企業や金融機関なども中区に本社や支店を構えています。
このような事実は、中区をまさしく横浜の都心であらしめていると言えるでしょう。

そして、住宅街としての顔も持っています。
特に中区の中南部に位置する山手町は横浜市の中でも随一の高級住宅街として昔から有名。
さらに、みなとみらい線が開通してからは区内のあらゆるところでマンションが増え、人口も増加傾向にあります。

住環境としての横浜市中区の魅力

住環境としての横浜市中区の魅力を考えた場合、第一に挙げられるのはアクセスのよさでしょう。
中区そのものが横浜の都心に相当する地域なわけですから、横浜市内の重要な施設へ行くのにも中区はかなり便利ということになります。
横浜市内だけでなく、東京都内へのアクセスも比較的良好です。

二つ目の魅力は環境のすばらしさです。
山下公園やベイエリアの地域に訪れるのは観光客だけではありません。
中区に住んでいる地元民の散歩や憩いの場でもあります。
また、山下公園以外にも区内には根岸森林公園や本牧山頂公園といったスポットもあり、散歩を楽しんだり自然に触れたりすることが可能。
特に子どもさんがいらっしゃる家庭には望ましい環境と言えるでしょう。

三つ目の魅力は生活のしやすさ。
別の記事でも紹介したように中区にはさまざまなショッピングスポットがたくさん存在しています。
買い物や外食に困るということはまずないでしょう。

横浜市中区の賃貸需要

ここまで見てきたように、中区は横浜の中心であり多くの人が働いている地域でもあります。
バブル崩壊以後は、都心回帰の動きもあり、都心の仕事場の近くに住居を持つ人が増えてきました。
さらに、中区は住環境としての魅力もかなり高い地域。
住みたいと思う人がたくさんいたとしてもまったく不思議ではありません。
現に、中区の人口は年々増加傾向にあります。
このように見てみると、横浜市中区には相当な賃貸需要が存在していると考えるのが妥当ではないでしょうか。

新規募集中の賃貸併用住宅はこちら
[su_posts posts_per_page=”3″ tax_term=”61″ tax_operator=”0″ order=”desc”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です