鵜の木駅周辺から渋谷へのアクセスについて

はじめに

東京都大田区内を走る東急多摩川線の鵜の木駅。

周辺は徒歩圏内に複数のスーパーマーケットや飲食店があり、とても便利な地域となっています。

一方で、駅前から少し歩けばそこは静かな住宅街。

自然環境も豊かで、治安も良く、非常に住みやすい地域となっています。

今回は、そんな鵜の木駅周辺から東急東横線の始発駅である渋谷駅へのアクセス事情にスポットを当ててみたいと思います。

鵜の木駅周辺から渋谷へのアクセス

かつては、隣の下丸子駅を経由して渋谷方面へと向かう路線バスが走っていました。

鵜の木駅から下丸子駅へは歩いても10分以内なので、そのバスを利用することもできたのですが、利用者が少なかったのか、そのバスは廃止されています。

このため、現在、鵜の木駅から渋谷方面へ公共交通機関を利用してアクセスするには、鉄道を利用することになります。

メインとなるのは、多摩川線で多摩川駅まで行き、そこから東横線に乗り換えるというルートです。

この場合の所要時間は約25分です。

ちなみに、東横線は渋谷駅から東京メトロ副都心線を経由し、東武東上線および西武池袋線方面へ直通運転を行っていますので、新宿三丁目駅や池袋駅へも渋谷駅で乗り換えずにアクセスすることが可能です。

他のルートもあります

上記のルートより時間は余分にかかりますが、多摩川線の終点蒲田駅へと向かい、そこからJR線を利用して渋谷駅へ行くこともできます。

この場合、蒲田駅からは京浜東北線を利用し、品川駅で山手線に乗り換えることになります。

このルートを利用した場合の所要時間は40~45分といったところです。

さらに、鵜の木駅から少し離れたところには東急池上線も走っています。

鵜の木駅から一番近い池上線の駅は久が原駅。

歩いて10分ほどで行くことができます。

池上線は品川区の五反田駅から蒲田駅へと至る路線。

五反田駅でJR山手線に乗り換えて渋谷駅へアクセスすることが可能で、このルートを利用した場合の渋谷駅までの所要時間は約30分となっています。

また、池上線は東横線などに比べるとラッシュ時の混雑がそれほど激しくないという魅力もあります。

運賃は多少高くなりますが、できるだけ混雑を避けたいという方にとってはこちらのルートがおすすめかもしれません。

事故などのトラブルで東横線がストップしてしまったときなどには、これらのルートを利用して渋谷駅をはじめとする都心方面の各駅と鵜の木駅の間を行き来することができるようになっています。

最後に

今回は、鵜の木駅周辺から渋谷方面へのアクセスについて紹介しました。

上記の通り、鵜の木駅周辺からは3つのルートがあり、渋谷のみならず都心各所へのアクセスがとても便利です。

このようなアクセスの点から見ても、鵜の木駅周辺はとても住みやすい地域と言えるでしょう。

“新規募集中の賃貸併用住宅はこちら

[su_posts posts_per_page=””3″” tax_term=””61″” tax_operator=””0″” order=””desc””]”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です