賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

自分に合った賃貸併用住宅を見つけよう!| > 賃貸併用住宅のお役立ちコラム > 埼京線で賃貸併用住宅を建てるならどこがおすすめ?

埼京線で賃貸併用住宅を建てるならどこがおすすめ?


はじめに

JR埼京線。

東京都品川区の大崎駅から渋谷、新宿、池袋といった都内の主要駅を経て埼玉県さいたま市の大宮駅を結ぶ路線です。

その歴史は比較的新しく、開業したのは1985年9月。

当時、東京側の起点は池袋駅でしたが新宿、恵比寿、大崎と徐々に延伸し、現在では東京臨海高速鉄道りんかい線と相互乗り入れして臨海副都心方面への直通運転も行っています。

また、一部の電車は2019年11月に開業した相鉄・JR直通線にも直通。

非常に便利な路線へと発展してきました。

今回は、そんな埼京線沿線で賃貸併用住宅を建てるならどこがおすすめなのかについて考えてみたいと思います。

 

<現在、このエリアで募集中の賃貸併用住宅はこちら

 

 

おすすめの駅は?

埼京線沿線で賃貸併用住宅を建てるならどの駅の周辺がおすすめでしょうか?

さっそく見ていくことにしましょう。

 

十条駅

まず一つ目のおすすめは十条駅周辺。

東京都北区に位置し、埼京線を利用すれば池袋までは2駅で約6分、新宿まででも3駅で約12分とアクセス的にはとても優れたところです。

十条駅周辺は昔ながらの下町といった感じで、有名な商店街やローカルのスーパーなどがあり、物価も安く買い物が非常に便利。

そのうえ、治安も比較的よく、安心して暮らせる街です。

さらに、既存の賃貸物件もどちらかと言えば築年数の経っている建物が多いので、新築の賃貸併用住宅であれば簡単に差別化を図ることもできるのではないでしょうか。

 

戸田公園駅

次におすすめするのは戸田公園駅周辺。

埼玉県戸田市に位置し、埼京線で池袋駅までは約15分、新宿駅までは約20分です。

戸田市の一部には、家賃は安いものの治安に不安のある地域もありますが、この戸田公園駅周辺は治安のよさで評判の地域。

子どものいるファミリーや単身女性でも安心して暮らすことができます。

周辺は静かな住宅街が多いですが、駅の構内にはスーパーが数件あって買い物はそちらがメインとなります。

また、駅名にもなっている戸田公園が近くにあるなど自然環境にも恵まれた地域で、静かでのどかに住みたいという人にはピッタリの街ではないでしょうか。

賃貸需要としてはファミリー向け、単身向け双方ともにそれなりの需要が期待できる地域です。

 

武蔵浦和駅

最後におすすめしたいのは武蔵浦和駅周辺。

さいたま市南区に位置し、埼京線で池袋までは20分強、新宿までなら25分強程度で行くことができます。

また、武蔵野線も通っているので、そちらを利用することも可能です。

そんな武蔵浦和はファミリー層に人気の街。

再開発によって駅前にはタワーマンションが建ち、付近の小学校では児童数が増え続けています。

駅周辺には複数のスーパーなどがあって車がなくても買い物に困ることはないほか、治安もよくて評判の街です。

さらに、この地域はタワーマンションだけでなく、一戸建ての住宅地としても人気を集めていますので、賃貸併用住宅の立地としてはピッタリかもしれません。

 

以上、今回は埼京線沿線で賃貸併用住宅を建てるのにおすすめな3駅を紹介しました。

 

現在、このエリアで募集中の賃貸併用住宅はこちら

天井高くて陽当たり◎設備面も◎「デザイナーズ賃貸併用住宅」

 

新規募集中の賃貸併用住宅はこちら