賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > コラム > 大田区で賃貸需要が高くビジネスマンにも人気が高いエリアは?

大田区で賃貸需要が高くビジネスマンにも人気が高いエリアは?


大田区はモノづくりの町として知られており、町工場が立ち並ぶイメージを持つ方が多い一方で、高級住宅街の代名詞である田園調布など閑静な住宅街も少なくないことが特徴です。

大田区役所をはじめとして、行政が多く集まる蒲田など、商業エリアとして買い物も楽しめる街として魅力が高く人気があります。

実際、大田区は賃貸の需要が高いエリアとなっていますが、その理由をご説明していきます。

大田区の交通アクセスの利便性

大田区は交通アクセスの利便性の高さも定評があります。

蒲田駅と大森駅はJR京浜東北線の利用が可能であり、西馬込駅と馬込駅は地下鉄の都営浅草線の利用ができます。

その他にも、東急東横線、東急目黒、東急多摩川線、東急大井町線、東急池上線、京急本線、京急空港線、東京モノレールなど数多くの路線が利用できることが大きなメリットです。

特に蒲田エリアは人気が高い?

蒲田エリアは横浜や川崎など神奈川までのアクセスが抜群によく、羽田空港にも電車以外にバスを多く利用できるといった特徴があります。

ビジネスマンから人気のエリアとなっているのは、このような交通アクセスのよさが理由となっているのでしょう

現在、大田区の中心的な役割は蒲田エリア一帯に移りつつありますが、実は昭和50年代までは街のにぎわいを牽引していたのは大森駅周辺エリアです。

大森エリアも高い人気を維持!

区庁舎は現在蒲田にありますが、もともとは大森にあったのです。ただ、移転により大森駅が衰退したわけではなく、蒲田駅が伸びた状況であるといえるでしょう。

京浜東北線1線でありながらも、蒲田駅まで1駅という部分でも交通の利便性や都心部から近いメリットが評価されており、賃貸需要は高まっている状況といえるでしょう。

賃貸需要の高いエリアで持ち家獲得と賃貸経営を同時に叶えてみては?

現在大田区では、品川区と同じように大規模な再開発計画が進んでいることも魅力です。羽田空港の拡張事業や、京急線の連続立体交差化とあわせて蒲田駅西口では大規模な再開発が進められています。

また、大森駅西側の開発についても、2019年に入ってから区が整備の基本方針を示し、新しい動きが活発化しているようです。

マイホームを購入する場合、住まいの一部を賃貸住宅に活用できる賃貸併用住宅なら、持ち家に住みながら家賃収入を得ることができます。

賃貸需要の高いエリアでマイホームを購入し、賃貸として貸し出せば、入居者も獲得しやすく安定した収入を獲得することに繋がるでしょう。

※関連地域の物件はこちら

駅近&築浅◎日当たりと解放感のある賃貸併用住宅