再開発が進みさらに進化する街 池袋

はじめに

池袋と言えばどんなイメージを想像されるでしょうか?
もしかしたら、世代によっては「繁華街・歓楽街が多いところ」とか「治安があまりよろしくない」とか、あるいは「ダサい街」なんていう印象をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
たしかに、ひと昔前の池袋がそのような印象を与える街であったことは否定できないかもしれません。
しかし、池袋はすっかり生まれ変わりました。
そして、現在も進化し続けています。
今回は、そんな池袋の再開発にスポットを当ててみたいと思います。

池袋の再開発について

池袋が位置する東京都豊島区では、2018年に「池袋駅周辺地域基盤整備方針」が公表されています。
その目標は、池袋駅周辺に安全快適な都市空間を創り出すとともに、池袋駅周辺地域まちづくりの将来像である「世界中から人を惹きつける国際アート・カルチャー都市のメインステージ」を実現すること。
この方針に沿って、池袋駅周辺では着々と再開発が進んでいます。

池袋駅東口の再開発

東口では2020年7月1日に複合商業施設「Hareza(ハレザ)池袋」がオープン。
以前、この場所には豊島区庁舎や豊島公会堂がありましたが、「豊島プロジェクト」と名付けられた官民一体のプロジェクトに沿って、再開発工事が進められてきました。
エリア内には「ハレザタワー」と名付けられたオフィス棟をはじめとして、としま区民センターや中池袋公園、そして多目的ホール棟「東京建物ブリリアホール」などが整備。
ハレザタワーと東京建物ブリリアホールにはそれぞれ3つずつ、としま区民センターには2つの合計8つの劇場が設けられ、まさしく「国際アート・カルチャー都市のメインステージ」にふさわしい状態となっています。
また、ハレザタワーには映画館「TOHOシネマズ池袋」もオープンしています。

さらに、東口では「東池袋一丁目地区第一種市街地再開発事業」と名付けられた再開発の計画も進行中。
この計画では地上30階地下3階建ての超高層ビルが建築され、オフィスのほか池袋のアート・カルチャー体験施設やイベントホールなども作られる予定となっています。

池袋駅西口の再開発

西口でも着々と再開発が進んでいます。
2019年には「グローバルリングシアター」が完成。
大型ビジョンを完備した野外劇場としてクラッシック音楽のコンサートや演劇などが楽しめるようになっています。
また、西口では「池袋駅西口地区市街地再開発」と名付けられた再開発計画も進行中。
高層ビルが3棟建てられることになっているほか、駅前広場の整備も予定されています。

最後に

今回は、池袋の再開発にスポットを当ててみました。
なお、池袋駅周辺では再開発の進む東口と西口をつなぐ地上デッキを整備する構想も存在しています。
再開発によってどんどんと進化していく池袋の魅力は、さらに増すばかりです。

新規募集中の賃貸併用住宅はこちら
[su_posts posts_per_page=”3″ tax_term=”61″ tax_operator=”0″ order=”desc”]

池袋における外国人の賃貸需要について

はじめに

東京都豊島区池袋。
繁華街のある地域としては東京の中でも代表的な存在であり、またJR・私鉄・地下鉄の各線が乗り入れていて非常に活気のある街となっています。
また、近年では再開発も進むなど変化が著しい地域としても有名。
そして、外国人に人気のある街としても評判を集めています。
今回は、そんな池袋における外国人の賃貸需要について考えてみることにしましょう。

外国人に人気の街 池袋

東京都が公表しているデータによれば、池袋のある豊島区における外国人人口は2021年1月1日現在で26458人。
東京23区で見た場合、この数字は上から6番目になります。
一方、豊島区の人口はおよそ286000人。
つまり、人口のおよそ10%弱は外国人ということになるわけです。

豊島区がなぜこのように外国人に人気があるのかを考えた場合、やはり池袋という存在が非常に大きな影響を与えているものと思われます。
では、なぜ池袋が外国人に人気があるのでしょうか?
その要因の一つとして挙げられるのはチャイナタウンの存在。
特に池袋北口周辺はチャイナタウンとして有名です。
この周辺は横浜の中華街や神戸元町の南京町のような観光客向けのチャイナタウンではなく、日常的な中国のような風景が広がっていることで評判。
中華料理店だけでなく中国人向けのお店や施設も多く存在しています。
もし日本人がどこか外国で暮らすのであれば、やはり日本人街に住んだほうが安心と考える人が多いはずですよね。
中国をはじめとするアジアの国々から日本へやってくる人に関してもそれと同じで、やはり同胞が多く集まっている池袋が安心でかつ便利ということなのかもしれません。

また、池袋駅周辺には日本語学校が多く存在しています。
留学生として日本へやってくる外国人の方にとって、日本語学校は必要不可欠な存在。
外国人が多いから日本語学校も多いのか、その逆なのかは定かではありませんが、いずれにしても日本語学校が多く存在しているということは、日本にやってくる外国人の方にとって魅力であることには間違いありません。

さらに、地元と行政が一体となった動きも池袋の人気を後押ししています。
豊島区は2018年に「池袋駅周辺地域基盤整備方針」を公表。
「池袋を世界中から人を惹きつける国際アート・カルチャー都市のメインステージにする」ことを目標に掲げ、整備が進められることになっています。
今現在でも池袋は日本の文化を堪能できる街として外国人の方に人気ですから、この整備が進むとさらに文化の面でも人気が高まることが予想されます。

最後に

ここまで、池袋は外国人の方に非常に人気があるということを見てきましたが、池袋は住みたい街ランキングのトップに選ばれるなど日本人の間でも人気がある街です。
このように見てみると、池袋に関しては外国人の賃貸需要、日本人の賃貸需要ともに非常に旺盛な地域と言えるのではないでしょうか。

新規募集中の賃貸併用住宅はこちら
[su_posts posts_per_page=”3″ tax_term=”61″ tax_operator=”0″ order=”desc”]

都立大学駅周辺の教育環境は駅近で整う?

はじめに

都立大学駅周辺は住宅街が多く静かな地域です。
なので、ファミリーで暮らすのに向いているといった話を聞いたことがある人もいるでしょう。
確かにその通りですが、雰囲気だけがファミリー向けというわけではありません。
実は都立大学駅から7分ほど歩いた先に子育て世代にはうれしい教育環境が整っているのです。

保護中: 【非公開物件】東横線都立大学駅徒歩5分

新規募集中の賃貸併用住宅はこちら
[su_posts posts_per_page=”3″ tax_term=”61″ tax_operator=”0″ order=”desc”]

便利な本八幡駅の利用圏内はどの辺りまで?

はじめに

千葉県市川市の玄関口と言えるのが本八幡駅。
当駅周辺は行政的にもそして商業的にも市川市の中心地となっています。
もちろん、住環境としての魅力も数え上げればきりがありません。しかしアクセスのよさはその中でも非常に大きな特徴。
3つの路線が集まっており、5つの方面へと向かうことができます。
つまり、どこへ通勤・通学するにもとても便利な駅というわけですね。
以下ではどの辺りまでがこの便利な本八幡駅の利用圏内と言えるのかについて考えてみたいと思います。

現在、このエリアで募集中の賃貸併用住宅はこちら

本八幡駅の魅力

本題に入る前に、まずは本八幡駅の魅力について整理しておきましょう。
冒頭でも述べたようにこの駅には3つの路線が乗り入れていて、5つの方面に向かうことができます。
その3つの路線とは、総武線、京成本線、そして都営地下鉄新宿線。
ただし、総武線の快速が走る線路にはホームが設置されていないため通過となっており、本八幡駅から利用できるのは各駅停車のみです。
また、京成本線に関しては駅名が本八幡ではなく京成八幡駅となっています。

そして、この3つの路線の中でとりわけ魅力的なのは都営地下鉄新宿線。
なぜなら、この線は本八幡駅が始発駅だからです。
ラッシュ時に都内へ向かう場合に座って移動するというのは、どの路線であってもなかなか難しいことですよね。
でも、新宿線なら本八幡駅が始発駅なので朝のラッシュ時でも座っての移動が可能。
これは多くの人がうらやむメリットと言えるでしょう。

いずれにしても、これだけの路線が集まっているというのはかなり便利なことです。
たとえば、東京都内へ向かうとき、あるいは都内から本八幡に帰ってくるときにどれか1つの路線でトラブルがあって止まってしまった場合でも、残り2つのいずれかを使って迂回するなどということも可能です。

利用圏内はどの辺りまで

さて、このようにアクセス面だけでも魅力いっぱいの本八幡駅ですが、利用圏内はどの辺りまでになるのでしょうか。
もちろん、人によって差はあるはずですが、徒歩での利用圏内と言えば10分から20分程度までというのがふつうでしょう。
距離で言えば1.5~2kmくらいまでではないでしょうか。
たとえば、総武線で千葉方面へ向かって隣の下総中山駅から本八幡駅までは約1.8km。
徒歩で20分強くらいですから、この辺りまではぎりぎり徒歩での利用圏内と言えるでしょう。
京成八幡駅から東京方面へ向かって隣の菅野駅から本八幡駅まではもう少し近くて徒歩で15分もかからないくらいですから、東京方面ではこの辺りまでが徒歩での利用圏内に入ってくると思います。

最後に

今回は、都内へのアクセス良好な本八幡駅の利用圏内について考えてみました。
なお、ここまでの話はあくまでも「徒歩での利用圏内であれば」という話です。
自転車利用ということになれば、利用圏内はさらに広がります。
本八幡駅の近くに住みたいと思った場合は、駅のすぐ近くばかりでなく、意外に離れた範囲まで候補地を広げることができそうですね。

現在、このエリアで募集中の賃貸併用住宅はこちら

値下しました【総武線×賃貸併用】再開発の進む駅@下総中山徒歩3分

新規募集中の賃貸併用住宅はこちら
[su_posts posts_per_page=”3″ tax_term=”61″ tax_operator=”0″ order=”desc”]

下総中山駅 市川市エリアの住みやすさについて

はじめに

JR総武線の下総中山駅。
駅は千葉県船橋市本中山に位置していますが、すぐ近くに市川市との境目があり、市川市の住民も数多く利用する駅となっています。
今回は、そんな下総中山駅の市川市エリアの住みやすさにスポットを当ててみたいと思います。

現在、このエリアで募集中の賃貸併用住宅はこちら

住環境としての下総中山駅市川市エリア

それではさっそく具体的に見ていきましょう。

買い物環境

下総中山駅の近くには西友やマルエツなどいくつかのスーパーマーケットがあるほか、昔ながらの商店街もあります。
また、下総中山駅から歩いて約10分、住所で言うと市川市鬼高一丁目にはニッケコルトンプラザという大型のショッピングモールがあります。
中にはファッション関係や雑貨を扱うショップにはじまり、映画館、さらにはカフェ・レストランなどのグルメスポットも勢揃い。
そして、スーパーマーケットのダイエーいちかわコルトンプラザ店も店舗を構えています。
ニッケコルトンプラザがあるおかげで、市川市エリアに住んでいる場合でもわざわざ下総中山駅近くまで足を運ぶことなく買い物ができるわけですね。
ふだんの買い物だけでなく、休日のおでかけにもよさそうです。
というわけで、下総中山駅の市川市エリアに住んだ場合、買い物や外食するのに困るということはまずないでしょう。

アクセス

次に周辺のアクセス事情について見てみましょう。
この地域から利用できる駅としては下総中山駅のほかに京成中山駅、同じく京成電鉄の鬼越駅などがあります。
市川市エリアに住む場合は、上記に加えて本八幡駅およびそれに隣接する京成八幡駅も徒歩で利用可能な駅に含まれるでしょう。
下総中山駅から総武線を利用する場合、秋葉原駅へはおよそ25分、飯田橋駅へはおよそ30分で行くことができます。
なお、総武線の快速は下総中山駅には停車しませんので、東京駅方面へは市川駅などで快速に乗り換えとなります。
さらに逆方向の千葉方面に向かう場合、津田沼駅までの所要時間は約10分、千葉駅までは約30分となっています。
そして京成本線を利用する場合、京成中山駅から京成上野駅までの所要時間は約40分です。
また、都内でも新宿方面に向かう場合は、本八幡駅から都営地下鉄新宿線を利用するのが便利で、新宿駅までの所要時間は約35分です。
新宿線は本八幡駅が始発駅ですので、座って行ける点が大きな魅力です。

治安も良好

このエリアは大きな歓楽街がなくて犯罪も少なく、治安のいい地域としても評判です。
一人暮らしの女性や小さな子どもさんのいらっしゃるファミリーでも安心して暮らすことができそうですね。

買い物環境もよく、アクセスも抜群で、治安もいい。
実際に住んでみるには理想的な街と言えるでしょう。

現在、このエリアで募集中の賃貸併用住宅はこちら

値下しました【総武線×賃貸併用】再開発の進む駅@下総中山徒歩3分

新規募集中の賃貸併用住宅はこちら
[su_posts posts_per_page=”3″ tax_term=”61″ tax_operator=”0″ order=”desc”]

練馬区の住みやすさ

はじめに

東京23区の中でも最も西に位置する練馬区。
閑静な住宅街が多いことで評判で、アニメの街としてもよく知られています。
また、それ以外にもさまざまな魅力がいっぱいの街で、一度は練馬区に住んでみたいと考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は練馬区の住みやすさにスポットを当ててみたいと思います。

現在、このエリアで募集中の賃貸併用住宅はこちら

住みやすさ抜群の練馬区

住みやすさと言えば、誰しもまず気になるのが治安の問題ではないでしょうか。
いくら交通アクセスがよかったり買い物がしやすかったりしても「物騒な事件が頻繁に起きるような街には住みたくないな・・」と考えるのがふつうですよね。

その点、練馬区は非常に優秀です。
犯罪率(特定の期間における犯罪発生件数を単位人口で割った指標)の低さで見た場合、練馬区は東京23区内でもトップ3に入るほどの治安のよさを誇ります。
とても犯罪が少ない地域で、小さな子どもさんのいらっしゃるファミリーや女性の一人暮らしでも安心して生活することができる街というわけですね。

また、練馬区は緑が多いことでも有名。
光が丘公園や石神井公園など大きな公園も多く、手軽に自然と触れ合うことができます。
さらに、練馬区では2歳未満の子どもさんがいらっしゃる家庭に、無料で子育て支援サービスを利用できる「子育てスタート応募券」を配布するなど子育て支援もピカイチ。
これから子育てをしようというファミリーには特に魅力的な街と言えるでしょう。

練馬区で住むならどこがおすすめ?

では、練馬区で住むとしたらおすすめの街はどこになるのでしょうか。
練馬区の街はどこも魅力的な地域ばかりなのですが、あえて一つ挙げるとしたらそれは練馬駅周辺でしょう。
まず、治安のよさは練馬区内の他の地域と同様にバツグン。
安心して暮らすことができます。
さらにアクセスの面でも練馬駅は優れています。
西武池袋線、豊島線、有楽町線に加え都営地下鉄大江戸線と4つもの路線が乗り入れているので、どこへ行くにも非常に便利。
それに加えて、練馬区役所が練馬駅から歩いて6~7分のところにある点も便利ですよね。

さらに、練馬駅周辺は買い物環境もバッチリです。
特にスーパーマーケットの「ライフ」と「西友」は駅に隣接して店舗があるので、会社帰りの買い物も楽チン。
ライフも西友も営業時間は夜中の1時までとなっているので、帰りがかなり遅くなってしまったときでも安心です。
駅から徒歩で数分のところには業務スーパーやイオン系列の小型スーパー「まいばすけっと」もあります。
それ以外に、ココネリやエミオ練馬といった商業施設も充実しており、買い物や外食で困るといったことはまずないでしょう。

治安もよくて、アクセスも便利で、暮らしやすい街。
これほど魅力的な地域はなかなかないと言えるのではないでしょうか。

現在、このエリアで募集中の賃貸併用住宅はこちら

【西武池袋線×賃貸併用】月々5,203円で住まう駅チカ@練馬駅

新規募集中の賃貸併用住宅はこちら
[su_posts posts_per_page=”3″ tax_term=”61″ tax_operator=”0″ order=”desc”]

アクセス便利な練馬駅の駅周辺に住もう!

はじめに

東京23区でも非常に治安のよい地域として知られる練馬区。
治安のよさ以外の魅力もいっぱいで、一度は練馬区に住んでみたいと思わせる街になっています。
そんな練馬区の中でも一押しの地域と言えば練馬駅周辺。
何よりもアクセスの便利さがすばらしいです。

現在、このエリアで募集中の賃貸併用住宅はこちら

すばらしい練馬駅のアクセス

練馬駅からは都営地下鉄大江戸線、西武池袋線・有楽町線・豊島線と合計4つの路線を利用することができます。

都営地下鉄大江戸線

都営地下鉄大江戸線は練馬区内の光が丘駅から新宿区の都庁前駅、そして都庁前駅から環状線となって新宿駅・汐留駅・上野御徒町駅などを経由し再び都庁前駅へと至る路線です。
練馬駅は光が丘駅からは3つ目、都庁前駅からは7つ目の駅になります。
大江戸線を利用した場合、主な駅までの所要時間は、新宿駅までが約20分、六本木駅までが約30分、汐留駅までが約40分となっています。

西武池袋線

西武池袋線は、東京都豊島区の池袋駅から埼玉県の飯能市を結ぶ路線です。
練馬駅は始発の池袋駅から5つ目。
池袋方面は各駅停車のほかに快速・準急・通勤準急が停車します。
快速・準急・通勤準急を利用した場合、練馬駅を出ると次の停車駅が池袋駅となり、所要時間は約7分です。
各駅停車を利用した場合でも池袋駅まで10分程度で行くことができます。
東京駅へは池袋駅から東京メトロ丸ノ内線に乗り換えで、練馬駅からの所要時間は約30分となっています。
また、都内とは逆の方向へ向かう場合の所要時間は、快速急行を利用するとひばりヶ丘までは約10分、所沢までは約20分、飯能までは約35分です。

西武有楽町線

西武有楽町線は練馬駅から小竹向原駅までの短い路線ですが、西武池袋線と東京メトロ有楽町線および東京メトロ副都心線・東急東横線・みなとみらい線を結ぶバイパス路線となっています。
このため、永田町駅や有楽町駅を経由して新木場駅、または渋谷駅や自由が丘駅を経由して横浜駅、元町・中華街駅へと乗り換えなしでアクセスすることが可能です。
通勤・通学のみならずレジャーでも非常に便利な路線と言えるでしょう。
練馬駅から東京メトロ有楽町線方面の主な駅への所要時間は、永田町駅までが約35分、銀座一丁目駅までが約40分、新木場駅までが約50分となっています。
一方、副都心線・東急東横線方面の主な駅への所要時間は、渋谷駅までが約20分、自由が丘までが約30分です。
ちなみに、横浜駅までの所要時間は約50分、元町・中華街駅までは約1時間で行くことができます。

西武豊島線

練馬駅と豊島園駅の間、わずか一駅しかない短い路線ですが、ほとんどの電車が池袋駅まで直通運転を行っています。
混雑時間帯に練馬駅から池袋駅方面へ利用する場合、狙い目はこの豊島園駅始発の電車。
一駅分しかお客さんが乗っていないので、座れる可能性が高くなります。

最後に

ここまで見てきたように、練馬駅はアクセスの面で非常に優れた駅です。
また駅周辺は買い物環境なども便利で、治安も非常に良好。
ぜひ住んでみたいと思わせる街になっています。

現在、このエリアで募集中の賃貸併用住宅はこちら

【西武池袋線×賃貸併用】月々5,203円で住まう駅チカ@練馬駅

新規募集中の賃貸併用住宅はこちら
[su_posts posts_per_page=”3″ tax_term=”61″ tax_operator=”0″ order=”desc”]

将来性で選ぶなら西武池袋線沿線

はじめに

東京都豊島区の池袋駅から埼玉県飯能市を結ぶ西武池袋線。
通勤・通学・観光にとさまざまな需要のある路線となっています。
さらに、沿線のいくつかの街では再開発が進んでいたり計画されていたりする地域も少なくありません。
つまり、将来性有望な路線というわけですね。
今回はそんな西武池袋線に注目してみたいと思います。

現在、このエリアで募集中の賃貸併用住宅はこちら

変化する街 池袋

西武池袋線沿線の中でもひときわ注目を集めるのは、始発駅である池袋周辺でしょう。
正直なところ、ひと昔前の池袋と言えば、それほどイメージのいい街ではありませんでした。
治安もいまひとつでしたし、「ダサい街」などと言われることもありました。

しかし、池袋という街は大きく変化していきます。
2013年には東京メトロ副都心線が開業。
池袋へのアクセスが格段によくなりました。
さらに、豊島区も池袋のイメージアップ戦略を実行。
再開発も進んでいます。
そのおかげで現在の池袋は、昔のイメージとはかなりかけ離れた街となりました。
今では住みたい街ランキングのトップに挙げられることも珍しくありません。

そんな池袋ですが、今後も進化し続けていくことが予想されています。
豊島区は2018年に「池袋駅周辺地域基盤整備方針」を公表。
「池袋を世界中から人を惹きつける国際アート・カルチャー都市のメインステージにする」ことを目標に、今後も整備を続けていくことを明らかにしています。
冒頭でも述べたように、西武池袋線沿線では池袋以外のいくつかの街でも再開発が進められています。
このため、池袋の将来性も西武池袋線の将来性もかなり有望と言えるのではないでしょうか。

西武池袋線沿線で住むならどこがおすすめ?

では、そんな西武池袋線沿線で住むならどこがおすすめなのでしょうか?

練馬駅周辺

一つ目のおすすめは練馬駅周辺です。
池袋駅からは快速や準急を利用すれば所要時間はわずか7分ほど。
さらに、池袋線以外にも3つの路線が利用でき、非常にアクセス良好な街となっています。
また、治安もかなりよく、安心して暮らすことができる地域と言えるでしょう。

石神井公園駅周辺

続いてのおすすめは石神井公園駅周辺。
池袋駅や渋谷駅まで乗り換えなしでアクセスできる便利さ、買い物のしやすさ、緑の多さといった好条件を持った街です。
治安も比較的いいので、女性の一人暮らしでも安心です。

大泉学園駅周辺

最後におすすめするのは大泉学園駅周辺。
こちらもアクセスがよく、また治安も良好です。
他の地域に比べると家賃がやや安めな傾向にあるのも住みやすさを後押ししてくれています。

西武池袋線沿線には、今回紹介した以外にも魅力的な街がいっぱい。
将来性と住みやすさで選ぶなら、西武池袋線沿線が断然おすすめです。

現在、このエリアで募集中の賃貸併用住宅はこちら

【西武池袋線×賃貸併用】月々5,203円で住まう駅チカ@練馬駅

新規募集中の賃貸併用住宅はこちら
[su_posts posts_per_page=”3″ tax_term=”61″ tax_operator=”0″ order=”desc”]

東急田園都市線沿線の住みやすさについて

はじめに

東京都と神奈川県の間には複数の路線が走っています。
その中でも東急田園都市線と言えば、どのようなイメージを想像されるでしょうか?
お金持ちの住む地域が多い路線というイメージでしょうか?
それとも、便利な路線というイメージでしょうか?
いずれにしても、比較的ポジティブなイメージを持ちやすい路線ですよね。
今回は、そんな東急田園都市線沿線の住みやすさにスポットを当ててみたいと思います。

東急田園都市線の特徴

沿線の住みやすさを語るにあたって欠かせないものと言えば、やはり通勤や通学のアクセス事情ですよね。
まずはその点から見ていくことにしましょう。
東急田園都市線は、東京都渋谷区にある渋谷駅と神奈川県大和市にある中央林間駅との間を結ぶ路線です。
渋谷駅からは東京メトロ半蔵門線へと直通運転が行われており、半蔵門線を経由してさらに東武線方面へと乗り入れる電車もあります。
主な駅から渋谷駅までの所要時間を見てみると、二子玉川駅からが約10分、たまプラーザ駅からが約20分、中央林間駅からは約40分となっています。(急行を利用した場合)

田園都市線の特筆すべき点として挙げられるのは、沿線の人気ぶり。
二子玉川駅やたまプラーザ駅をはじめとして田園都市線沿線には人気の高い住宅街が多く、沿線人口も増加の一途をたどっています。
このため田園都市線の利用者も多く、朝ラッシュ時ではおよそ2分間隔という高頻度で電車が走っているほど。
これだけ短い間隔で電車が走っているのであれば、1本や2本乗り遅れたくらいでは大して遅れることもなく、その点でもアクセス性に優れていると言えるでしょう。
また、平日夕方以降に大井町線から田園都市線に直通運転される急行には、Qシートと名付けられた座席指定車両も設定されています。
このため、乗車する駅によっては座席指定料金400円を支払うことで座って帰宅することも可能です。
さらに、将来的には渋谷駅のホームを増設することも検討されており、実現すればさらなる電車の増発も実現することでしょう。
将来的にもますます便利になることが期待できそうですね。

住みやすさで選ぶならどの駅がおすすめ?

このように魅力あふれる田園都市線ですが、住みやすさで選ぶならどの駅がおすすめなのでしょうか?
筆頭に挙げられるのはやはり二子玉川駅でしょう。
何かと便利で治安もよく、非常に住みやすい地域です。
そして、何よりも今では二子玉川に住んでいるということがステータスになるくらいブランド力のある地域でもあります。
また、意外な穴場と言っては失礼になるかもしれませんが、駒澤大学駅周辺も魅力的な地域です。
アクセスや買い物環境が優れていますし、治安の点でも問題はありません。
もちろん、1駅渋谷寄りの三軒茶屋も住むにはおすすめの地域です。
これ以外にも沿線には住みやすさに優れた街がたくさんあり、田園都市線は非常に魅力いっぱいの路線と言えるでしょう。

新規募集中の賃貸併用住宅はこちら
[su_posts posts_per_page=”3″ tax_term=”61″ tax_operator=”0″ order=”desc”]

世田谷区駒沢大学駅周辺の魅力

はじめに

東京都世田谷区上馬に位置する東急田園都市線駒沢大学駅。
周辺は、緑が多く落ち着いた雰囲気の街として評判の地域になっています。
今回は、そんな駒沢大学駅周辺の魅力にスポットを当ててみることにしましょう。

駒沢オリンピック公園がある

駒沢大学駅周辺の有名な施設と言えば、もちろん駒澤大学を忘れることはできませんが、もう一つ忘れてはいけない存在があります。
それは駒沢オリンピック公園。
駒沢大学駅からは徒歩で10分ほどのところにあります。
この公園は、その名の通り1964年開催の東京オリンピックで第2会場として使用されたという歴史を持っています。
オリンピック期間中はサッカーやバレーボール、レスリングなどの試合がこの会場で開催されました。
「東洋の魔女」と呼ばれた女子バレーボール日本代表も当時の東京オリンピックではこの会場で試合を行ったそうです。
そんな駒沢オリンピック公園の中には陸上競技場や野球場などの施設が整備されており、スポーツを楽しめるようになっています。
また、サイクリングコースやジョギングコース、さらには小さな子どもさんが遊べるジャブジャブ池なども整備されており、緑も豊か。
本格的なスポーツにチャレンジするもよし、家族連れで休日を過ごすもよしで、さまざまな楽しみ方ができる公園となっています。

買い物環境もバッチリ!

駒沢大学駅周辺は買い物環境も抜群です。
駅の周辺にはマルエツ真中店、オオゼキ野沢店、西友駒沢店などのスーパーマーケットが点在。
特に駒沢大学駅から徒歩でわずか3分という好アクセスのところにあるマルエツ真中店の営業時間は深夜1時まで。
かなり遅くなってしまった場合でも買い物をして帰ることができるのは便利で安心ですね。
また、スーパーマーケット以外のお店もユニクロやココカラファインなどの大手チェーン店が駅周辺にあるほか、カフェやグルメのお店もたくさんあるので買い物や外食に困るといったことはまずないでしょう。

まだまだある駒沢大学駅周辺の魅力

駒沢大学駅周辺の魅力はまだまだあります。
たとえば、アクセス。
東急田園都市線を利用すると渋谷駅までの所要時間はわずか7~8分です。
それに、田園都市線は渋谷駅から東京メトロ半蔵門線へ直通運転を行っているので、永田町駅や九段下駅、大手町駅方面へも乗り換えなしでアクセスが可能。
永田町駅までは約15分、大手町駅までは約25分で行くことができます。
さらに、東京駅・新宿駅・池袋駅といった都内主要駅へも1回乗り換えるだけで行けます。所要時間はいずれも30分以内。
どこへ行くにも非常に便利な地域であると言えるでしょう。
また、駒沢大学駅周辺は治安がよいことでも評判。
これだけ魅力いっぱいの街は他にはなかなかないのではないでしょうか。

新規募集中の賃貸併用住宅はこちら
[su_posts posts_per_page=”3″ tax_term=”61″ tax_operator=”0″ order=”desc”]

駒沢大学ってどんな街?

はじめに

東京都世田谷区に位置する駒沢は、有名人の目撃情報もあるおしゃれな街です。
一度は生活してみたい場所ですが、実際住むとなると暮らしやすさやどんな街なのか気になりますよね。
今回は、進学や転職などで駒沢大学周辺に引っ越しを検討している方へ、住みやすさや治安などの情報をご紹介していこうと思います。

駒沢大学駅周辺の住みやすさは?

駒沢大学周辺は東京の主要都市に近いため、裕福な家族連れや単身者が住む高級住宅街というイメージを持つ方が多いようです。
おしゃれなレストランやカフェ、高級洋菓子店などが立ち並び、ハイセンスな人たちが行きかうあこがれの街として有名です。
庶民とはかけ離れた地域のように感じますが、大学があるため学生の街としても発展しているんです。
駅の西口は閑静な住宅街が広がり、東口は学生向けの単身用物件がたくさんあります。また、学生向けの飲食店がそろっている駅前ビルやスーパー、コンビニがそろっているエリアもありますので、買い物や外食に困ることはないでしょう。
ショッピングモールや大きな公園、おしゃれなカフェや有名外食チェーン店も豊富なので、休日も楽しく過ごせます。
また、国立病院機構の東京医療センターがありますので病気やケガをしたときも安心です。
交通の便についてですが、東急田園都市線が通っていますので渋谷駅や二子玉川駅、表参道駅へは電車一本で行けます。休日のお出かけするのはもちろん、通勤もらくらくです。
ただし、人口密集地のため朝の通勤・通学ラッシュではかなり混みあうようです。
近くに幹線道路もあり、時間帯によっては混雑しますので、電車だけでなくバスや自転車など移動手段をいくつか確保しておいたほうが良いでしょう。
家賃相場は8万円~9万円と高めです。学生用の単身向け物件で4万円という安い物件もあるようですが、人気ですぐに埋まってしまうようです。
もちろんファミリー向けのマンションや物件もありますので、家族で引っ越すことも可能です。

駒沢大学周辺の治安は?

引っ越し先を決めるとき、気になるのは治安です。
駒沢大学周辺は歩道もきれいに整備され、街灯も多く夜も明るいので治安はかなり良好です。学生が多いため、人の目が行き届いています。
加えて外国の大使館もあり定期的に警察の方がパトロールを行っていますので安心して暮らせます。
ただし、場所によっては自転車の盗難が多いところもあるようです。
自転車での通勤・通学をする方は鍵をしっかりかけるなど対策が必要になります。

新規募集中の賃貸併用住宅はこちら
[su_posts posts_per_page=”3″ tax_term=”61″ tax_operator=”0″ order=”desc”]

市川市から都内へのアクセスについて

はじめに

千葉県の北西部にある市川市。
東京都心部から20キロ圏内に位置する市で、東京のベッドタウンとしてまた文教都市としても発展してきた魅力いっぱいの街です。
もちろん、東京都内へのアクセスも抜群。
市川市と都内の間を複数の路線が走っています。
以下では市川市から都内へのアクセスについて紹介していきたいと思います。

現在、このエリアで募集中の賃貸併用住宅はこちら

市川市から東京都内へのアクセス

それでは市川市から都内へのアクセスについてそれぞれの路線ごとに見ていきましょう。

総武線各駅停車

中央線の各駅停車と直通運転を行っており、秋葉原・御茶ノ水・飯田橋といった都内の駅へ乗り換えなしでアクセスすることができます。
市川市内には市川駅と本八幡駅があるほか、下総中山駅も駅の所在地は船橋市ですが市川市に隣接しているので利用可能です。
市川駅から都内への所要時間は秋葉原駅までが約20分、飯田橋駅までが約30分となっています。

総武線快速

総武線の快速は横須賀線と直通運転を行っており、東京駅を経て新橋駅、品川駅方面へ乗り換えなしでアクセス可能です。
市川市内から総武線快速を利用する場合は市川駅から乗車することができます。
市川駅から東京駅までの所要時間は約20分、品川駅までは約30分です。

京成本線

京成本線は都内の日暮里駅や京成上野駅へ乗り換えなしでアクセスできるほか、青砥駅から押上線を経由して都営地下鉄浅草線方面へ直通運転をする電車もあり、浅草駅や東銀座駅方面にも乗り換えなしでアクセス可能です。
市川市内には、国府台駅・市川真間駅・菅野駅・京成八幡駅・鬼越駅の5駅があるほか、京成中山駅も所在地は船橋市ですが市川市と隣接しているため利用可能です。
京成八幡駅から京成上野駅までの所要時間は約25分、東銀座駅へは約30分でアクセスできます。

北総線

北総線のほとんどの電車は先ほど紹介した青砥駅から京成押上線、都営地下鉄浅草線を経由して京浜急行線方面へと直通運転を行っており、浅草駅や東銀座駅、品川駅へ乗り換えなしでアクセスすることができます。
市川市内からだと大町駅と北国分駅から北総線の利用が可能で、北国分駅から浅草駅までの所要時間は約20分、東銀座駅へは約35分です。

都営地下鉄新宿線

本八幡駅から新宿駅を経由し京王線方面へと直通運転を行っています。
本八幡駅から新宿駅までの所要時間は約40分です。
この路線の最大の魅力は本八幡駅が始発駅であるということ。
つまり朝のラッシュ時でも座って都内へ向かうことができます。

最後に

ここまで5つの路線を紹介してきましたが、市川市から都内へのアクセスルートとしてはこれ以外にもJR京葉線や東京メトロ東西線も利用可能です。
このように市川市から都内へのアクセスはかなり便利といえるでしょう。

現在、このエリアで募集中の賃貸併用住宅はこちら

値下しました【総武線×賃貸併用】再開発の進む駅@下総中山徒歩3分

新規募集中の賃貸併用住宅はこちら
[su_posts posts_per_page=”3″ tax_term=”61″ tax_operator=”0″ order=”desc”]