賃貸併用住宅についてのご相談は賃貸併用住宅.com

自分に合った賃貸併用住宅を見つけよう!|賃貸併用住宅.com > 賃貸併用住宅のお役立ちコラム > 賃貸併用住宅のメリットと成功のポイント

賃貸併用住宅のメリットと成功のポイント


新しい住宅スタイルとして最近注目されている賃貸併用住宅。

さまざまなメリットがありますが、運営がうまくいかないと利益が生まれないというリスクを背負うことにもなりかねません。

これから賃貸併用住宅を建てようと考えている方のために、賃貸併用住宅にはどんなメリットがあるのか、成功させるにはどうすればいいのかのポイントをあわせてご紹介します。

 

「賃貸併用住宅のメリットとは」

賃貸併用住宅の特筆したいメリットをご紹介します。

 

「家賃収入をローンの支払いに充てられる」

賃貸併用住宅は、オーナーの自宅として住むために建てるものでもあります。

マイホームを建てる場合、通常はその建築費用を毎月の収入から支払っていくことになりますが、賃貸部分も同時に建てられればすぐに家賃収入を得ることができるので、毎月の出費が抑えられます。

 

「節税対策になる」

賃貸併用住宅は半分が賃貸部分のため、すべてを自宅とする建物よりも相続税の評価額が下がり、相続税を軽減させることができます。

また、小規模住宅用地の減額の特例を利用すれば、固定資産税の軽減につながります。

これは、200㎡までの住戸一戸あたりに対して固定資産税を課税標準の6分の1に軽減してもらえる制度です。

広い土地を持っていて固定資産税が高額になってしまう場合は、大きな節税対策となるでしょう。

 

「賃貸併用住宅を成功させるポイント」

賃貸併用住宅は、入居者が集まらず家賃収入が得られないというリスクが生じる可能性もあります。

まずは、成功させるためにおさえたいポイントを取り入れてみてください。

 

「周辺地域の需要に合うよう設計する」

賃貸併用住宅は、周辺地域のニーズに合うものでないと入居者が集まらない可能性があります。

たとえば、都会の駅付近なら学生や若い単身者のニーズが高まるので、シングルタイプの間取りが人気となりますし、逆に閑静な住宅街なら、家族で住めるファミリータイプの間取りの需要が高くなります。

家賃や設備についても、周辺の賃貸物件をリサーチし、入居希望者が集まりやすいよう設定する必要があるでしょう。

 

「お互いのプライバシーを確保する」

賃貸併用住宅は、オーナーと入居者が同じ建物に住むことになるので、どうしても距離感が近くなります。

中には、オーナーも住んでいることに抵抗を感じる人もいるので、建物の入り口を別にしたり、生活音が伝わらないような間取りにするなど、オーナーと入居者それぞれのプライバシーを確保することが重要です。

 

「オーナーと入居者双方の住みやすさを求める」

賃貸併用住宅は、その名の通り賃貸と自宅の両方が存在する住宅です。

入居者の希望に合わせることも必要ですが、オーナーとしても気兼ねなく快適に暮らせるように設計しないと、自宅で暮らすことがストレスになってしまいますので、双方にとって住みやすい住宅を目指してみてください。

 

 

 

 


賃貸併用住宅.com

  • 賃貸併用住宅.com Facebook
  • 賃貸併用住宅.com Twitter
  • 賃貸併用住宅.com Youtube

賃貸併用住宅.comについて
賃貸併用住宅.comは、新築から中古物件まで賃貸併用住宅を取扱っている日本初の賃貸併用住宅検索サイトです。賃貸併用住宅の購入、賃貸募集から賃貸管理まで購入後もすべてサポート致しますので、賃貸経営が初めての方もご安心ください。賃貸併用住宅を売りたい方・買いたい方、まずはお気軽にご相談ください。
お問合せ運営会社プライバシーポリシーサイトマップ

Copyright © 賃貸併用住宅.com All Rights Reserved.