賃貸併用住宅についてのご相談は賃貸併用住宅.com

自分に合った賃貸併用住宅を見つけよう!|賃貸併用住宅.com > 賃貸併用住宅のお役立ちコラム > 賃貸併用住宅の一括借り上げのメリットや注意点とは?

賃貸併用住宅の一括借り上げのメリットや注意点とは?


メリットの多い賃貸併用住宅ですが、入居者が決まらないと家賃収入が入らず空室を持て余してしまうリスクもあります。

そういった不安がある場合、一括借り上げ制度のサブリースを使用することも可能です。

賃貸併用住宅の一括借り上げのメリットや注意点についてご説明します。

 

 「賃貸併用住宅の一括借り上げとは?」

賃貸併用住宅の一括借り上げとは、いわゆるサブリースと呼ばれる制度です。

 

「一括借り上げは不動産会社がまるごと管理するシステム」

一括借り上げはサブリースとも呼ばれるシステムのことで、不動産会社が賃貸物件をまるごと借り上げ、直接管理を行って入居者を募ったり運営したりすることを指します。

それぞれの業者によって、契約期間や保証内容などが異なります。

 

「家賃収入は相場の8~9割」

一括借り上げをしてもらうと、不動産会社から家賃相場の8~9割程度の利益を得ることができます。

直接入居者から家賃を支払ってもらうより低くなりますが、空室状況に関わらず収入が得られるため、どちらが安定しているか検討してみる必要はあるでしょう。

 

「賃貸併用住宅の一括借り上げのメリットと注意点」

賃貸併用住宅の一括借り上げにはメリットもありますが、注意するべきポイントもあります。

 

「入居率を気にしなくてもいい」

一括借り上げの一番のメリットは、入居者がいなくても家賃収入が保証されていることです。想定する家賃の100%ではありませんが、毎月決まった収入があると、ローン返済も滞りなく行えます。

 

「入居者募集や管理などはすべておまかせ」

不動産会社に一括借り上げしてもらうと、めんどうな入居者募集や管理などをすべて行ってくれるので、オーナーの手を煩わせることがありません。

 

「実際の家賃収入より低くなる」

注意したいのは、一括借り上げをせずに入居者が入った場合に、どのくらい家賃収入があるか知っておくことです。

立地条件がよく使いやすい間取りなら、相場の家賃より高めでも入居者がたくさん集まることもあり、一括借り上げで支払われる金額より入居者を募った方が大きな利益を手にすることができるかもしれません。

 

「契約内容に注意」

一括借り上げをしてもらう場合、どんな内容の契約になるのか、しっかり把握しておく必要があります。

不動産会社が管理しても空室になる場合は、2年おきなどに金額が見直される場合もありますし、入居者を増やすためにリフォームを求められる可能性もあります。

オーナーに不利な条件とならないよう、一括借り上げを依頼する不動産会社は慎重に選ぶようにしてください。

 

「状況に応じて一括借り上げも使い分ける」

一括借り上げも便利なシステムではありますが、最初からすべて丸投げしてしまうと損をしてしまうかもしれません。

まずは入居者がどれくらい集まるか、家賃収入はどれくらいになるのか試してみて、収入が安定しないようなら利用を検討してみるなど使い分けがおすすめです。

 


賃貸併用住宅.com

  • 賃貸併用住宅.com Facebook
  • 賃貸併用住宅.com Twitter
  • 賃貸併用住宅.com Youtube

賃貸併用住宅.comについて
賃貸併用住宅.comは、新築から中古物件まで賃貸併用住宅を取扱っている日本初の賃貸併用住宅検索サイトです。賃貸併用住宅の購入、賃貸募集から賃貸管理まで購入後もすべてサポート致しますので、賃貸経営が初めての方もご安心ください。賃貸併用住宅を売りたい方・買いたい方、まずはお気軽にご相談ください。
お問合せ運営会社プライバシーポリシーサイトマップ

Copyright © 賃貸併用住宅.com All Rights Reserved.