賃貸併用住宅についてのご相談は賃貸併用住宅.com

自分に合った賃貸併用住宅を見つけよう!|賃貸併用住宅.com > 賃貸併用住宅のお役立ちコラム > 賃貸併用住宅で入るべき火災保険や損害保険のポイント

賃貸併用住宅で入るべき火災保険や損害保険のポイント


賃貸併用住宅ではオーナー家族と入居者がひとつの建物で暮らすため、火災保険の重要性がより高まります。入居者・オーナーともに加入して、もしもの火災に備えることが大切です。

 

賃貸併用住宅の火災保険とはどのようなものなのか、特徴や活用方法、その他の補償についても把握して、万全を期しましょう。

 

賃貸併用住宅で入るべき火災保険とは?

 

賃貸物件での火災保険とは、火災を引き起こしたときに補償を行うものです。オーナーと入居者のどちらも加入する必要があります。

 

もし入居者に加入してもらえなかった場合、入居者自身が火災による被害額のすべてを支払わなければならなくなります。そして、入居者以外の原因で起こった火災に備えるためオーナーも加入して、万が一のときの補償を受けられるようにしてください。

 

賃貸併用住宅の火災保険のポイント

 

賃貸併用住宅における火災保険は、他の居住者に与えた損害を補填できる点が最大のメリットです。オーナーによる火災で入居者に与えた損害も、反対に入居者による火災でオーナーが被った損害も、どちらも保証してもらえるため双方が加入するようにしてください。

 

その他必要な保険をチェック

 

賃貸併用住宅において、火災保険以外に加入しておきたいのは次の3つです。

 

入居者:個人賠償責任保険

 

個人賠償責任保険とは、水漏れなどで他人に損害を与えた際に活用するものです。水漏れで階下の居住者に与えた損害を補填するためのものであり、入居者間のトラブルを防ぐために加入してもらうようにしましょう。

 

入居者:借家人賠償責任保険

 

借家人賠償責任保険とは、入居者が事故により建物に与えた損害を保証するものです。火災保険とセットになっている場合も多く、火災・爆発・破壊などの事故で建物を損傷させてしまった場合の損害を補填します。

 

オーナー:施設賠償責任保険

 

施設賠償責任保険では、建物によって事故が発生した場合の損害を保証します。老朽化して剥がれた壁や屋根によって歩行者がケガをした場合などに役立ち、オーナーが行うべき賠償の負担を軽減するものです。

 

賃貸併用住宅では保険の加入が必須

 

賃貸併用住宅では、複数の入居者とオーナーが同じ建物に住むことになるため、各種保険に加入することが非常に重要です。火災への備えはもちろん、入居者は水濡れや建物への損害に対して備える必要があり、オーナーは建物による事故での損害に備えるようにしてください。

 

未加入では、もしものときに甚大な金銭的負担が生じる保険。加入するべきものに加入して、安心な暮らしを手に入れましょう。


賃貸併用住宅.com

  • 賃貸併用住宅.com Facebook
  • 賃貸併用住宅.com Twitter
  • 賃貸併用住宅.com Youtube

賃貸併用住宅.comについて
賃貸併用住宅.comは、新築から中古物件まで賃貸併用住宅を取扱っている日本初の賃貸併用住宅検索サイトです。賃貸併用住宅の購入、賃貸募集から賃貸管理まで購入後もすべてサポート致しますので、賃貸経営が初めての方もご安心ください。賃貸併用住宅を売りたい方・買いたい方、まずはお気軽にご相談ください。
お問合せ運営会社プライバシーポリシーサイトマップ

Copyright © 賃貸併用住宅.com All Rights Reserved.