賃貸併用住宅についてのご相談は賃貸併用住宅.com

自分に合った賃貸併用住宅を見つけよう!|賃貸併用住宅.com > 賃貸併用住宅のお役立ちコラム > 実家を賃貸併用住宅の二世帯住宅に建て替える際のポイント!

実家を賃貸併用住宅の二世帯住宅に建て替える際のポイント!


実家を賃貸併用住宅の二世帯住宅に建て替えるには、通常の建て替えとは違い、成功させるためのポイントや注意点があります。建て替えてから「失敗した」と後悔しないためには、気をつけるべきポイントを知っておくことが大切です。

メリットやデメリットも含めて考慮し、賃貸併用二世帯住宅への建て替えを成功させましょう。

賃貸併用住宅の二世帯住宅への建て替えポイント

 

二世帯住宅の賃貸併用住宅に建て替えるときのポイントは次の2つです。

 

二世帯間で相談して建て替えること

 

ニ世帯で住む住宅に建て替えるには、親子間で相談する必要があります。相談するときのポイントは、玄関や共有できる設備をどのようにするかという点。

 

すべてを完全に分離させるか、玄関だけを共有するか、すべてを共有するかという3つのパターンが一般的ですが、いずれにしても、二世帯間で相談してから建て替えましょう。

 

将来的な家族構成も考慮してプランを立てること

 

将来的な家族構成も考慮した賃貸併用二世帯住宅にすることもポイント。親世帯が亡くなった後、親世帯が住んでいた部分を活用できなければもったいないと感じることでしょう。

 

賃貸部分と住居部分を可変性の高いプランで建て替えれば、どのような家族構成にも対応できるようになります。

 

二世帯住宅を賃貸併用住宅にするメリット・デメリット

 

二世帯住宅の賃貸併用住宅にするメリットとデメリットについて見ていきましょう。

 

二世帯住宅を賃貸併用住宅にするメリット

 

賃貸部分を設けることで収入があること、賃貸物件を建設するよりもコストが抑えられることが主なメリットです。

 

賃貸物件にすれば当然のことながら家賃収入が見込めます。また、アパート建築よりも金銭的な負担が軽減される傾向があることもメリット。

 

賃貸併用住宅は、低コストで家賃収入が得られる方法です。

 

二世帯住宅を賃貸併用住宅にするデメリット

 

デメリットとしては、暮らしにくい間取りになったり、騒音問題が発生したりする可能性があることと、空室リスクがあることです。

 

賃貸部分を設けることで間取りが制限され、騒音が気になるということもあるでしょう。賃貸には空室リスクがつきものであるため、間取りや騒音問題と併せて対応策を練る必要があります。

 

賃貸併用住宅を二世帯住宅にする際の注意点

 

賃貸併用住宅の二世帯住宅にするときには、「共有登記」にすることに注意してください。

 

建物を区分する「区分登記」にすると、小規模宅地等の特例において対象外となり、相続税の支払額が多くなります。「共有登記」であれば特例は適用されるため、登記の仕方に気をつけましょう。

 

賃貸併用住宅の二世帯住宅建て替えは注意点を知ってから

 

実家を賃貸併用住宅の二世帯住宅に建て替えることにはメリットもありますが、デメリットや注意点も知ってから建て替えなければ後悔してしまうこともあるでしょう。

 

賃貸部分と二世帯間でどのような間取りにするか、どこまで共有するのかよく話し合い、将来性を見据えた長期的な目線で検討することが大切です。不動産としては特殊な部類となるため、さまざまな情報を集めた上で建て替えを実施してください。

 


賃貸併用住宅.com

  • 賃貸併用住宅.com Facebook
  • 賃貸併用住宅.com Twitter
  • 賃貸併用住宅.com Youtube

賃貸併用住宅.comについて
賃貸併用住宅.comは、新築から中古物件まで賃貸併用住宅を取扱っている日本初の賃貸併用住宅検索サイトです。賃貸併用住宅の購入、賃貸募集から賃貸管理まで購入後もすべてサポート致しますので、賃貸経営が初めての方もご安心ください。賃貸併用住宅を売りたい方・買いたい方、まずはお気軽にご相談ください。
お問合せ運営会社プライバシーポリシーサイトマップ

Copyright © 賃貸併用住宅.com All Rights Reserved.