賃貸併用住宅についてのご相談は賃貸併用住宅.com

自分に合った賃貸併用住宅を見つけよう!|賃貸併用住宅.com > 賃貸併用住宅のお役立ちコラム > 賃貸併用住宅と新築一戸建てってどっちがおすすめなの?

賃貸併用住宅と新築一戸建てってどっちがおすすめなの?


マイホームを購入するにあたり、「賃貸併用住宅」「新築の一戸建て」のいずれかで迷っている方が少なくありません。

かつては「新築一戸建て」が多数派でしたが、近年は家賃収入も得られる「賃貸併用住宅」にも人気が集まっています。

そこで、今回は賃貸併用住宅か、新築一戸建てはどちらが良いのか、ご紹介します。

 

賃貸併用住宅のメリット

賃貸併用住宅の最大のメリットは、「家賃収入が得られる」というものです。

例えば、2階建ての物件を購入した場合、1階を賃貸物件として貸し出し、2階を自分の居住部屋にすれば、1階部分の家賃収入を得ることができます。

家賃の利回りや、貸し出す部屋の数などによっては、家賃収入だけでローンを返済できるほどです。

 

新築一戸建てのメリット

新築一戸建てのメリットは、間取りや設備を自由にカスタマイズしやすいことです。また、上階や下階に他人が住まないため、「気を使って生活する必要がない」といったメリットもあります。

新築一戸建ての場合、副収入を得ることはできませんが、「誰の目も気にせずに暮らしたい」という方にはおすすめです。

 

金銭面から見ると「賃貸併用住宅」がおすすめ

金銭面から見ると、賃貸併用住宅のほうが圧倒的にメリットが大きいためおすすめです。

マイホームを購入するにあたり、高額な費用は避けて通れないもの。しかし、賃貸併用住宅で副収入を得られれば、住宅ローンの支払いに悩まされることが少なくなります。

そのうえ、運用方法によっては家賃収入だけでローンを完済できることもあるのです。

費用面の不安を感じる方にとって、賃貸併用住宅は圧倒的にメリットの多い住宅といえるでしょう。

 

自分に合ったマイホームを選びましょう

このページでは賃貸併用住宅と、一般的な新築戸建てのどちらがおすすめであるかをご紹介しました。

どちらにもメリットがありますので、必ずしも「賃貸併用住宅でなければならない」といったことはありません。しかし、賃貸併用住宅は、金銭的なメリットがあることは事実ですので、資金に不安がある方にはぜひ検討してほしい住宅です。

現在、マイホームの購入を検討している方は、このページを参考にしながら、自分に合っている物件を探してみてください。


賃貸併用住宅.com