賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > コラム > 相鉄線は今後ますます交通アクセスの利便性が高まる?新路線や新駅の設置も!

相鉄線は今後ますます交通アクセスの利便性が高まる?新路線や新駅の設置も!


横浜駅からも17分程度でアクセス可能です。駅には商業施設が隣接していますし、商店街などもあるので買い物に困ることはまずなく、屋内でも子どもが元気に遊ぶことができる施設があったり、河川敷沿いもキレイに整備されているなど、ファミリー世帯が安心して暮らすことのできる街とされています。

三ツ境駅は相鉄と呼ばれる相模鉄道の本線が通る駅で、急行、快速、各駅停車の電車利用が可能です。横浜方面と海老名方面へ行く路線になっており、特急が通過する駅ではダントツで利用者数が多い駅としても知られています。

その相鉄ですが、直通線の整備により新たな路線、新駅が設置されることが決まっていますので、その内容も含めてご紹介します。

三ツ境駅はバスの利用も便利!

三ツ境駅に乗り換え路線はないですがバスの乗り換えはあります。三ツ境駅には北口バスターミナルと南口バスターミナルが設けられており、横浜動物園やニュータウン南瀬谷方面にアクセス可能の相鉄バス、湘南泉病院や宮沢へのアクセスに利用できる神奈川中央バス、そして深夜特急バスの利用が可能です。

電車で乗り換えを利用したい時は?

電車で乗り換えを利用したい場合には、横浜方面2駅先となる二俣川駅で相模鉄道・いずみの線を利用できますし、海老名方面2駅先の大和駅で小田急線に乗り換えが可能です。

また、二俣川駅と大和駅、どちらも約5分でアクセスが可能ですし、相模鉄道本線の終点駅となる横浜駅までなら急行利用で約15分あれば到着します。

「相鉄・JR直通線」が11月30日に開業

相鉄本線の西谷駅から分岐し、羽沢横浜国大駅の先でJR東海道貨物線と接続するのが相鉄・JR直通線です。開業は2019年11月30日土曜日となる予定で、これと同時に相鉄線とJR線の相互直通運転が開始されます。

相鉄線と新宿方面を結ぶ直通列車の運行がいよいよ始まるのです。

さらに2022年度下期には、羽沢横浜国大駅と東急線・日吉駅を結ぶこととなる相鉄・東急直通線が開業される予定です。

相鉄・JR直通線、そして相鉄・東急直通線が一体化することで、仮称名ですが新たな新横浜駅を境として、相鉄線寄りの西谷から羽沢横浜国大、羽沢横浜国大から新横浜間は相鉄新横浜線として、東急線寄りの新横浜から日吉間は東急新横浜線となるようです。

相鉄線と東急線の相互直通運転が始まるなど、相鉄線の交通アクセスの利便性は今後さらに高まることに間違いないでしょう。

関連地域の物件はこちら
https://xn--pqq7cz45b9yzxvy4ba.com/all_property/sonomama/8024.html