賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > コラム > 賃貸併用住宅の売却ってできる?知られざる「意外な需要」について

賃貸併用住宅の売却ってできる?知られざる「意外な需要」について


「賃貸併用住宅の売却ってできるの?」といった疑問を抱えている方は少なくありません。

賃貸併用住宅といえば、近年注目を集めている建物のタイプですが、仮に購入した場合、何らかの事情で手放すことができるのか…といった点を不安視する方は非常に多いです。

そこで、今回は賃貸併用住宅の売却可否や、賃貸併用住宅の以外な需要についてご紹介します。

 

賃貸併用住宅の売却はできる?

結論から言いますと、賃貸併用住宅の売却はできます

そもそも賃貸併用住宅は、まだまだ物件数が少ないにも関わらず、需要が高いことから売却しやすい物件ともいえるのです。

実際、賃貸併用住宅の購入希望者は非常に多く、常に情報収集をしている方も少なくありません。

マイホームを持ちながら収益性も求められるといった点は、賃貸併用住宅の大きな魅力です。多くの方が、賃貸併用住宅を求めるのは当然のことであるため、売却も容易なのです。

 

賃貸併用住宅は購入時よりも高値で売れる!?

賃貸併用住宅は、タイミングを見計らって売却すれば、購入時よりも高額で売れることがあります。

仮に、築年数が経過していたとしても、条件が良く、需要の高い物件であれば、高値での買い取りを申し込まれることも多いです。

 

そもそも賃貸併用住宅は「手放す機会」が少ない

賃貸併用住宅の売却がしやすいことや、高値で売りやすいといった背景には、「そもそも賃貸併用住宅を手放す機会が少ない」といったものがあります。

賃貸併用住宅は、「賃貸収入」を得られる建物であることから、安定して経営が出来ていれば手放す理由はありません。また、仮に空室が発生しても、管理会社に適切な対策を依頼できるため、空室期間を最小限に抑えることもできます。

上記の理由から、なかなか市場に売却希望の賃貸併用住宅が出回らず、需要過多の傾向にあるのです。

 

賃貸併用住宅は売却可能!

今回ご紹介した通り、賃貸併用住宅は売却することができます。

そのうえ、賃貸併用住宅は需要が高いため、買い手も見つかりやすく、購入時よりも高値で売れることが珍しくありません。

現在、賃貸併用住宅の購入を検討している方は、今回ご紹介した内容も理解し、前向きに購入計画を立ててみてはいかがでしょうか。