賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > コラム > 三ツ境ってどんなところ?生活の拠点としての住みやすさは?

三ツ境ってどんなところ?生活の拠点としての住みやすさは?


神奈川県横浜市瀬谷区三ツ境は、閑静で落ち着いた雰囲気のベッドタウンというイメージのあるエリアです。三ツ境の窓口であり相模鉄道本線の駅でもある三ツ境駅は、相模野台地上にあって相鉄の駅では最も高い場所に位置します。

その三ツ境駅はどのような場所なのか、生活の拠点としての住みやすさをご紹介します。

三ツ境駅は普段の移動に利用しやすい駅?

三ツ境駅は横浜市内でも最高峰の駅であり、横浜までは19分、新宿にも51分あれば到着することが可能です。

急行も利用できますし、2駅となりの大和駅で小田急線に乗り換えることで町田や新宿方面にもアクセスがしやすいことが特徴といえるでしょう。

さらに三ツ境駅からは戸塚駅に向かうバスが1時間5本程度運行されていますので、移動に困ることはまずないはずです。

そもそも瀬谷区は駅周辺を含めて道路が狭く、交通渋滞も起きやすいので、通勤・通学の時間帯や帰宅の時間帯はバスや車で道路は混みあいます。

そのため、電車やバスの利用が便利であることが住みやすさに繋がっているといえるでしょう。

ファミリー世帯が多く住むエリアでもある

三ツ境駅は閑静なベッドタウンであすが、ショッピング施設や商店街なども充実しています。また、駅前には警察署や区役所があるので比較的治安もよく、安心して生活できるエリアだと感じることができるでしょう。

住宅街には高層マンションなどはなく、低層マンションやアパート、一戸建てなどが多い印象です。主にファミリー世帯が多いですが、一人暮らし向けの物件も点在しています。

ファミリー世帯が多いのは、三ツ境エリアには公園が点在していることも関係しているかもしれません。緑が多く自然に触れやすい雰囲気もありますが、坂が多いので普段自転車で移動する方は少し苦労する可能性があります。

ただ、天気の良い日には富士山がキレイに見えるなど、すばらしい景色を眺めることもできます。

三ツ境駅周辺で普段の買い物に困ることもない!

三ツ境駅の駅舎は北口の駅ビルである「相鉄ライフ 三ツ境」と一体化しています。線路上には駅前人工広場もあり、地上2階レベルで接続されていることが特徴です。改札を出ればすぐ「東急ライフ」もありますし、生活用品を購入したり、少しカフェで休憩するなども可能ですし、大手スーパーや個人商店もあるので買い物に困ることはないでしょう。

また、駅からバスで10分くらいの場所には、聖マリアンナ病院など規模の大きな病院が集まっていますので、医療で不安を抱えることもありません。

三ツ境駅周辺の安心できる生活環境が住みやすさに繋がっているといえるので、もしこれから生活の拠点となる場所を探しているのなら、三ツ境エリアを候補として検討してみてはいかがでしょう。

関連地域の物件はこちら
https://xn--pqq7cz45b9yzxvy4ba.com/all_property/sonomama/8024.html