賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > コラム > 賃貸併用住宅とは?概要やメリット、リスクについて解説します!

賃貸併用住宅とは?概要やメリット、リスクについて解説します!


近年注目を集めている「賃貸併用住宅」をご存じですか?

これまでにはなかった新しいシステムを取り入れた建物で、「自身の住居取得」と「不動産投資」を同時に行えるといった魅力があります。

そこで、今回は賃貸併用住宅とはどのようなものなのか、といった詳しい概要や、メリット、リスクなどについてご紹介します。

 

賃貸併用住宅とは

賃貸併用住宅とは、冒頭でも触れたとおり「自身の住居」と「不動産投資」のためのスペースが共存している住宅です。

具体的には「1階にオーナーが済み、2階や3階を賃貸用として貸し出す」といった活用法があります。

マイホームを持ちながら、賃貸収入も得られることから、近年注目を集めているのです。

賃貸併用住宅のメリット

賃貸併用住宅のメリットは、やはり「金銭面」が挙げられます。

家賃収入が得られるため、住宅ローンにあてることができますし、本業とは別の副収入として収入源を確保することにもつながるのです。

また、近年の技術の発展により「高い防音性」「自由な間取り」を実現しやすく、隣人や上下階の住人の生活音などが気になることも少なくなってきています。

ちなみに、仮に賃貸併用住宅として建物を購入しても、ライフスタイルに合わせて「賃貸としての貸し出しを取りやめ、二世帯住宅にする」といった活用も可能です。

 

賃貸併用住宅のリスク

賃貸併用住宅には魅力的なメリットが多いものの、一方でリスクも存在します。

賃貸物件として経営するのであれば「空室リスク」によって収入が途絶えてしまう可能性がありますし、建物の管理の手間も増えるでしょう。

さらに、入居者のトラブルはオーナー自身が対応しなければならないこともあり、場合によっては金銭的な損害を受けることもあります。

とはいえ、管理会社に「空室リスクの対策」や「入居者とのトラブル」の対応を相談することもできるため、工夫次第では問題なく賃貸併用住宅での経営が行えます。

 

賃貸併用住宅は現代に適した物件

今回は賃貸併用住宅とはどのようなものなのか、について解説しました。

マイホームを持ちながら、賃貸経営もできる建物である賃貸併用住宅は、現代の日本人に適した物件といえます。

不動産投資として十分に期待できるため、ぜひこれを機に賃貸併用住宅の購入を検討してみてはいかがでしょうか。