賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > コラム > 賃貸併用住宅の経営を成功させる為に知っておくべきポイントを紹介!

賃貸併用住宅の経営を成功させる為に知っておくべきポイントを紹介!


賃貸併用住宅を経営するにあたり、最も気になるのが「満室にできるか」「空室に悩まされないか」といった点ではないでしょうか。

安定して収入を確保するためには、常に満室を維持することが大切ですが、具体的な経営手法について正しく理解していない方が少なくありません。そこで、今回は賃貸併用住宅の経営を成功させるためのポイントについて解説します。

賃貸併用住宅を成功させるためのポイント

賃貸併用住宅を成功させるためのポイントは、大きく5つが挙げられます。
それぞれの詳細について見ていきましょう。

設備のグレードにも目を向ける

外観や内観の美しさはもちろんのこと、「設備のグレード」にも目を向けるようにしましょう。
満室を維持するためには、入居者の満足度を高めることが大切です。出費を惜しんでグレードの低い設備を取り入れてしまうと空室リスクを高めることになってしまいます。

収支計画を丁寧に作成する

収支計画は丁寧に作成しましょう。
安定した経営のためには、丁寧に作成した計画通りに進めることが大切です。「はじめが肝心」と理解し、細かい部分にも注意しながら計画を立ててください。

複数の会社の見積もり額やサービスなどを比較する

建築や購入の際には、必ず複数の会社に見積もりを作成してもらい、それぞれを比較しましょう。
最も条件の良い会社を選ぶことで、質が良く、かつコストパフォーマンスに優れたサービスを受けることができます。

オーナーは最上階以外の部屋に住む

オーナーは、最上階以外の部屋に住むことをおすすめします。
最上階は需要の高い場所であるため、オーナー自らが住んでしまうと、「最上階希望者」が別の物件へと流れてしまうのです。
「人気の場所」は入居者に譲り、オーナーは1階などの人気の低い場所を選びましょう。

ファミリー向けの物件は慎重に検討する

ファミリー向けの物件は、慎重に検討することが大切です。
一般的に、ファミリー世帯の賃貸物件利用率は低く、「3LDK」「4KDK」といった広い間取りの賃貸物件は需要が低いといえます。
「ワンルームの単身者」などのほうが、満室を維持しやすい場合が多いため注意してください。

賃貸併用住宅を成功させよう!

今回は、賃貸併用住宅を成功させるためのポイントについて解説しました。
人気の高い物件として、近年注目を集めていますが、中には「失敗事例」もあるため慎重に検討することが大切です。
本ページを参考にしながら、賃貸併用住宅の成功を目指してみてはいかがでしょうか。