賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > コラム > 賃貸併用住宅は儲かるか?収益性について詳しく解説

賃貸併用住宅は儲かるか?収益性について詳しく解説


「賃貸併用住宅は儲かるか?」「賃貸併用住宅は収入源として期待できるのか」など、賃貸併用住宅の収益性について気になっている方はいらっしゃいませんか?
マイホームを持ちながら、賃貸物件として貸し出すこともできるのが賃貸併用住宅の魅力ですが、詳しいことまでは知らないという方も多いでしょう。

本ページでは、賃貸併用住宅の収益性について、詳しく解説します。

賃貸併用住宅とは

賃貸併用住宅とは、一戸建てやアパート、マンションなどの一部を自宅としている賃貸物件のことです。
マイホームとして住みながら、賃貸物件として貸し出せるのが魅力で、近年注目を集めている経営スタイルです。
一定の条件を満たせば、住宅ローンを借りられるうえに、節税対策も豊富で現代人にマッチしているといえます。

賃貸併用住宅は儲かるか

賃貸併用住宅を検討するにあたり、最も気になるのが「儲かるか」といった点でしょう。
ここからは、賃貸併用住宅が儲かるか否かについて解説します。

√大きな儲けは難しい

結論からいうと、賃貸併用住宅は、大きな儲けを得ることは難しいといえます。
賃貸併用住宅の場合、一般的なマンションやアパートと比較すると、世帯数が少ないことがほとんどで、大きく儲けることが難しいのが現状です。
さらに、一般的なマンションやアパートと比較すると、利回りも数%低くなる傾向にあります。

√安定性は期待できる

賃貸併用住宅は、大きく儲けることは難しいものの、居住者を確保できれば安定した収入は可能です。
また、世帯数が多い場合は、一般的なアパート・マンション経営と大差ない利益になることもあるため、結局は「建物の規模次第」「建物のグレード次第」などで決まります。

賃貸併用住宅は安定性重視の方におすすめ

賃貸得費用住宅は、大きな儲けは得られないものの、安定した収入としては十分期待できるといえます。
特に、戸建てではなく、マンションやアパートなどを賃貸併用住宅として経営する場合は、世帯数が多いので収入もアップしやすい傾向にあります。

また、建物の特徴や周辺環境などによっては賃料も高額に設定しやすく、一般的な不動産投資と同様の収益を得られる場合があります。

現在、賃貸併用住宅を検討している方は、収益をイメージしながら計画を立てるとよいでしょう。