賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > コラム > 狭山ヶ丘は教育環境が整備されたエリア!中でも教育熱心な学校とは?

狭山ヶ丘は教育環境が整備されたエリア!中でも教育熱心な学校とは?


埼玉県所沢市狭山ヶ丘一丁目にある、西武鉄道池袋線の駅が狭山ヶ丘駅。教育環境が充実しているエリアと言われる理由は、埼玉県の進学校として知られる狭山ヶ丘高等学校付属中学校・高等学校がすぐ近くにあること、そして駅周辺には複数の学習塾が点在していることでしょう。

早稲田大学所沢キャンパスやNDMC 防衛医科大学校、駿河台大学など大学も複数近隣にあるエリアのため、自然と教育熱心な家庭などに人気が集まっているようです。

その中で高い進学実績を誇る狭山ヶ丘高等学校付属中学校・高等学校は、子どもを通わせたいと人気の学校ですが、その魅力は徹底した学習支援環境にあるようです。

そこで、狭山ヶ丘で中高一貫教育を実施している狭山ヶ丘高等学校付属中学校・高等学校とはどのような学校なのかご紹介します。

狭山ヶ丘高等学校付属中学校・高等学校の特徴

狭山ヶ丘高等学校付属中学校・高等学校では、自己観察を軸とした教育方針で、心の教育と自らが学ぼうとする姿勢を重視しているようです。

自己観察教育を行う目的は、自分の生き方と向き合うことであり、日々続けて自分を深く見つめなおすことにより、周囲の環境に感謝する気持ちが芽生えてくるというもの。

もし不安などがあっても、次第に心が落ち着き自信に変える力を身につけることができるようです。

黙想で自分を内省する時間を設けている

友人や家族など、自分にとって大切な人との日々の交流などを思い直し、考えや言動などを省みることで本来自分があるべき姿に気づくことができるようです。この内観を発展させたのが自己観察教育といえるでしょう。

そして狭山ヶ丘高等学校付属中学校・高等学校では、授業が始まる前に黙想が行われますが、自己観察教育の中心となるのが授業開始時の黙想の時間なのです。

週2回どの学年でもゼミが開講される

狭山ヶ丘高等学校付属中学校・高等学校では、どの学年でも週2回ゼミを開講しています。

講座の種類も色々で、中には英語で書かれた原書を講読するゼミもあり、1年で5冊読破することを目標としているようです。1年で5冊という目標が達成できれば、英検準1級レベルの読解力が身につくとされているとのこと。

グローバルな社会へと変わりつつあるため、今後英語はどのような仕事に就くことになっても欠かせないものとなるかもしれません。その英語能力を高めることができるのは大きなメリットともいえるでしょう。

時間を問わずのびのび学習できる環境が整備されている

自習室などもあり、放課後なども快適な環境で勉強できるようになっているようですし、とても丁寧に分からないところを教えてくれる先生も多くいる学校のようです。

その生徒一人一人に向き合う丁寧な教育こそが、模試などでよい結果を出すことに繋がっているのかもしれません。

関連地域の物件はこちら
https://xn--pqq7cz45b9yzxvy4ba.com/all_property/sonomama/7716.html