賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > コラム > 賃貸併用住宅のローン上限はいくら?目安や注意点について解説

賃貸併用住宅のローン上限はいくら?目安や注意点について解説


近年注目を集めている賃貸併用住宅。現金で購入するケースは少なく、ローンを活用して購入する場合が
ほとんどです。
しかし、賃貸併用住宅では、いくらまでローンを借りられるのか知らないという方も多いでしょう。

そこで、本ページでは、賃貸併用住宅におけるローン上限の目安や、注意点について解説します。

賃貸併用住宅で借りられるローンと上限額

賃貸併用住宅で借りられるローンは様々なものが挙げられますが、比較的多くの方が利用しているのが
「住宅ローン」や「アパートローン」です。

√住宅ローン

住宅ローンは、アパートローンよりも審査が厳しくなく、金利も低いという特徴があります。一見魅力的なローンに見えますが、住宅ローンだけでは建築費用が足りないことがあるため、注意しなければなりません。必要に応じてアパートローンとの併用が必要です。

√アパートローン

アパートローンは、賃貸物件を購入(建築)するにあたり、利用されることが多いローンで、住宅ローンとは異なり「事業用」という名目で活用します。賃貸としての収入からローンを返済することができるため、実質的な自己負担を軽減できるのが特徴です。

しかし、ローンを借りるにあたり、本人の返済能力はもちろんのこと、賃貸物件の担保力や収益性も審査基準となるため、場合によっては「融資が低額になる」「そもそも融資を受けられない」といった状況に陥る可能性があります。

√住宅ローンとアパートローンの上限額

それぞれローンの特徴は異なりますが、いずれにせよ融資の上限は「返済能力」「賃貸物件の特徴」「融資を受ける方の属性」等から算出されます。

仮に、他人が数億円規模の融資を受けられとしても、必ずしも「自分も同額のローンを借りられるわけではない」ということを頭に入れておきましょう。

賃貸併用住宅でローンを活用する際の注意点

賃貸併用住宅でローンを活用するにあたり、ローン破綻を回避しなければなりません。
ローン破綻を回避するためには、「総家賃収入(自宅部分含む)よりも月々の返済額を低額にする」ということが大切です。
万が一賃貸併用住宅の経営が成り立たなくなってしまった場合、自宅部分も賃貸として貸せば返済に影響を及ぼすことが無くなります。

賃貸併用住宅は計画的に

本ページでは、賃貸併用住宅について解説しました。
失敗のない経営のためには、計画的に進めていく必要があります。現在、賃貸併用住宅を検討している方は、思わぬ赤字や借金を回避するためにも、今回解説した内容を参考にしてみてください。