賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > コラム > 賃貸併用住宅のメリット・デメリットについて詳しく解説

賃貸併用住宅のメリット・デメリットについて詳しく解説


賃貸併用住宅には、メリット・デメリットがあることをご存じですか?特に「デメリット」はあまり知られていないということもあり、トラブルや予想外の問題に直面する方が少なくありません。

そこで今回は、賃貸併用住宅を検討している方に向けて、メリットとデメリットをご紹介します。

賃貸併用住宅のメリット

まずは、賃貸併用住宅のメリットについて解説します。

・賃貸収入を得ながらマイホームが建てられる(購入できる)
・住宅ローンを利用できる
・入居者が確保できれば安定した収入につながる

賃貸併用住宅の代表的なメリットは、上記の3つです。
賃貸収入を得ながらにして、マイホームを持つことができるだけでなく、家賃収入を前提としていることから、少ない自己資金でマイホームを建てることができます。
「マイホームを持ちたいけれど経済的な余裕がない」という方に、おすすめの選択肢といえるでしょう。

賃貸併用住宅のデメリット

賃貸併用住宅のデメリットといるのが下記の通りです。

・入居者を継続的に確保できるとは限らない
・入居者から管理会社を通さずに連絡が来ることがある
・売却しにくい

賃貸併用住宅は、一般的な不動産投資同様に「入居者が確保できない」というリスクがあります。
ローン返済がきつくなってしまってたのでは元も子もないため、家賃収入が安定して見込めるエリアに物件を購入する必要があります。

また、オーナーが同じ建物に入居しているということもあり、入居者から直接連絡が入ったり、クレームを言われたりすることがあります。本来は管理会社を通すべきですが、「近くにオーナーがいるから」という理由で直接コンタクトをとってくる可能性があるのです。

さらに、賃貸併用住宅はいざ売却したくでも、「特殊な間取り」「需要の低い間取り」など、オーナー視点で作られた間取りに難色を示す不動産投資家も中にはいらっしゃいます。

売却の仕方次第では実際の価値より低く見積もられてしまう可能性もあるため、賃貸併用住宅として適切に売却が可能な窓口を見つけられることが重要です。

賃貸併用住宅はメリット・デメリットを把握してから

賃貸併用住宅を検討するのであれば、まずは「メリット」「デメリット」を把握することが大切です。
特に、「デメリット」は、自分の資産を失ってしまう可能性もあることから、しっかりとチェックしておかなければなりません。
まずは、本ページを参考にしながら、賃貸併用住宅のメリット・デメリットを頭に入れておきましょう。