賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > コラム > 門前仲町は一人暮らしの賃貸需要が高いエリア!その理由とは?

門前仲町は一人暮らしの賃貸需要が高いエリア!その理由とは?


東京都江東区門前仲町一丁目にある門前仲町駅は、東京メトロ東西線と都営大江戸線が利用できる駅なので、東京駅までは11分程度あればアクセス可能で、新宿や渋谷など都心までも30分以内で到着します。

なお、東京駅までは3.5キロという距離なので自転車でもアクセス可能であり、豊洲までバス便などもあるので気軽に行くことが可能です。

このように都心へのアクセスが容易なことは、単身赴任中やもともと単身の方などがベッドタウンとして住みたいエリアといわれる理由です。

大学に通う学生が賃貸住宅を探していることも

ワンルームなどの賃貸重要が高めであるのは、他にも近隣に複数の大学が存在することも関係します。

門前仲町周辺には、国立東京海洋大学越中島キャンパス(東京都江東区越中島2-1-6)、私立芝浦工業大学豊洲キャンパス(東京都江東区豊洲3-7-5)、公立大学法人首都大学東京晴海キャンパス(東京都中央区晴海1-2-2)などがあるため、一人暮らしの大学生が安心して生活拠点とすることができる賃貸住宅を探しているケースも多々あるのです。

単身者でも特に女性に人気のエリア

また、単身者や大学生の中でも、特に女性の一人暮らしエリアとして人気が高いのが門前仲町の特徴といえます。

もともとは永代寺、今は富岡八幡宮など著名な神社仏閣のある富岡に隣接した門前町だったわけですが、グルメスポットとしても注目されています。

江戸前寿司や深川めしなどの名物グルメから、ちょっとモダンな雰囲気のあるレストランやカフェなど、充実した飲食店が揃っていることが女性に人気の高い理由といえるでしょう。

また、下町情緒溢れる雰囲気を残すエリアでもあるため、地元の祭りやイベントなど開催されることが多いので、地域に密着した生活を送ることができるのも魅力です。

利便性の高さと人情味溢れる雰囲気に人気が集中!

初めて一人暮らしをする方などは、知らない街で生活を送ることに不安を感じるものです。しかし門前仲町を生活の拠点とすれば、都心までのアクセスの利便性が高いのに、地元の方たちと触れ合うきっかけも多いという人情味のある雰囲気で、安心した生活を送ることができるでしょう。

マイホーム購入を考えるなら賃貸経営も同時に行ってみては?

これからマイホームの購入を検討されている方は、このような門前仲町の賃貸需要の高さに注目して、居住スペースと賃貸部分が一緒になった賃貸併用住宅の購入を検討してみてはいかがでしょう。

不動産経営によって得た家賃を毎月のローン返済に充てることもできますし、老後の蓄えとして貯蓄していくこともできるはずです。

関連地域の物件はこちら
http://xn--pqq7cz45b9yzxvy4ba.com/all_property/sonomama/7445.html