賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > コラム > 豊島区の賃貸需要はなぜ高い?特に若い世代に人気のある理由

豊島区の賃貸需要はなぜ高い?特に若い世代に人気のある理由


誰もが知る池袋のある豊島区は、都会的なイメージが高い反面で、巣鴨や目白など下町情緒溢れるエリアと高級住宅街など、いろいろな顔を持つエリアといえます。

池袋から1駅から2駅離れただけで住宅地が広がるので、買い物に便利な街に住みたいという方に人気があります。

賃貸需要が高いエリアとしても知られていますが、どのような特徴があるのか、なぜ需要が高いのかご説明します。

豊島区は単身者が多く住むエリア

豊島区はファミリー層よりも単身者が多く住んでおり、20代人口の割合が多いなど若者が多く集まる活気あるエリアといえます。

その理由として、豊島区は新宿や渋谷と並ぶ副都心地区である池袋を有するエリアであることが関係しています。

池袋駅周辺は高層ビルが多く建ち、人口密度は23区中最も高い若者の街として知られていますので、賃貸需要も単身者の若者がメインです。

しかし家賃相場は高めなので、豊島区でも池袋から1駅から2駅離れた場所に住み、少しでも家賃を低く抑えたいと考えることが多いとされています。

独身時代は豊島区で過ごすという方が多い

ワンルーム、1K、1DK、1LDKなどの需要が高いのは、独身の時には豊島区の賃貸住宅に住み、結婚して子育てをする時には区を離れ引っ越すことを検討する方も少なくないからといえます。

そのため賃貸経営を行う方の中には、この豊島区の単身者需要の高さを上手く活用し、ワンルームなどで空室率を減少させスムーズな経営に繋げているようです。

豊島区は今後ますます住みやすい街へと変わる?

豊島区といえば2014年に消滅可能性都市に指定されたことがあるなど、思わず耳を疑ってしまうこともありました。

しかしこの指定は、転出入が活発であることや定住率が低いこと、単身世帯の割合が多くその半数が若い世代であることが関係しています。

ただ裏を返せば、もし引っ越して豊島区を出て行ってしまっても、また新たな若い世代がすぐに転入してくる可能性が高いということです。

豊島区では定住率を向上させるため、住みやすい街づくりの対策も強化しているようなので、今後はさらに需要が高まることが予想されます。

特に池袋から1駅から2駅ほどで交通アクセスの利便性の高いエリアは、池袋より家賃を下げて暮らしたいという一人暮らし希望の方に需要が高いことが特徴です。

もしこれからマイホームを購入することを検討しているのなら、このような賃貸需要を上手く活用できる賃貸併用住宅を検討してみてはいかがでしょう。

関連地域の物件はこちら
https://xn--pqq7cz45b9yzxvy4ba.com/all_property/sonomama/7219.html