賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > コラム > 田園都市線が利用しやすいエリアで賃貸併用住宅を購入してみては?

田園都市線が利用しやすいエリアで賃貸併用住宅を購入してみては?


東京急行電鉄が運営している田園都市線は、東京都渋谷区にある渋谷駅から神奈川県大和市にある中央林間駅までを結んでいる27駅からなる路線で、住宅地として人気のエリアを通っています。

東京都渋谷区や世田谷区、神奈川県横浜市青葉区・横浜市緑区・町田市・大和市内、川崎市高津区・川崎市宮前区などに位置していることから、通勤時間帯はある程度混雑することは覚悟が必要なものの、交通アクセスの利便性が高くなるため利用できるエリアに住みたいという方が多いことが特徴です。

ただ、横浜市港北区の高田駅でも、乗り換えを利用すれば田園都市線の利用が可能となる上に、完成で落ちついた生活も送ることができるなどメリットは高くなります。

高田駅から田園都市線を利用する方法

高田駅は横浜市営地下鉄グリーンラインの駅ですが、この高田駅から横浜市営グリーン日吉行きに乗り、映画館などもあるショッピングモール街「センター北」から横浜市営ブルーラインに乗り換えて湘南台行きに乗ると「あざみ野」に到着します。

あざみ野駅は横浜市青葉区にある東京急行電鉄と横浜市営地下鉄の駅で、東京急行電鉄の田園都市線の利用が可能です。

田園都市線は長津田方面や、二子玉川・渋谷方面へのアクセスが可能となり、綱島や武蔵新城までは東急バスを利用できるなど交通の利便性がより高くなるでしょう。

高田駅周辺は生活しやすいエリアとして評判!

高田エリアには弥生時代の遺跡が残っていたり、駅の周辺にも医療施設や商業施設が揃うなど色々な面で生活しやすいことが特徴です。

ただ、主に完成な住宅街が広がる街なので、落ちついた生活を好む方にはぴったりといえるでしょう。

もし新しく物件を購入することを検討しているのなら、家の一部を賃貸住宅として活用できる賃貸併用住宅もおすすめです。

賃貸併用住宅に住むメリット

横浜市内にマイホームを構えながら、毎月のローンは家賃収入から支払いに充てることができ、入居者を常に確保し続ければ手元にお金を残すこともできます。

家族が多い時には居住部分として住み続け、例えば子どもが独立した後は賃貸として活用するなど、自由度が高いことも賃貸併用住宅の魅力です。

もし田園都市線を利用しやすい場所でマイホームの購入を検討しているのなら、高田エリアの賃貸併用住宅を候補として加えてみてはいかがでしょう。

※関連地域の物件はこちら
http://賃貸併用住宅.com/all_property/sonomama/5209.html