賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > コラム > 核家族化でDINKS世帯が急増?購入するなら賃貸併用住宅がおすすめの理由

核家族化でDINKS世帯が急増?購入するなら賃貸併用住宅がおすすめの理由


現在、日本は核家族化が進んでおり、古き良き時代のように、親世帯と子世帯が一緒に1つ屋根の下で生活するケースはあまり見られなくなりました。

これからますます少子高齢化が進み、人口も減少していくことになります。核家族化が進むことで、親の相続が発生すれば実家は空き家となってしまうことも予測されますが、この空き家増加も現在日本の社会問題として取り上げられることが多くなっています。

例えば結婚して夫婦が共働きで、まだ子どものいないDINKS世帯の方などがマイホームを購入する場合、この核家族化や人口減少、少子高齢化の問題を踏まえた上で賃貸併用住宅を検討してみてはいかがでしょう。

賃貸併用住宅なら色々な形での住み方が可能

夫婦2人で生活する間は、賃貸併用住宅なら空いた部屋を賃貸として他人に貸し、家賃収入を得ることが可能です。

子どもができたとしても、賃貸部分は継続して貸したままにすることもできますし、子どもが大きくなり結婚して同居という形となれば、賃貸部分を二世帯住宅に利用することもできるでしょう。

賃貸部分があっても住宅ローンが利用できる

賃貸併用住宅とは、家を建てる時、事前に一部を賃貸用の住宅としておく住宅です。賃貸部分を貸し出すことにより、家賃収入を得て安定した収益も得ることが可能となるでしょう。

それに加え、建物の半分以上が自宅部分だとしたら、住宅ローンを利用して購入することも可能となります。家賃収入として得た部分を、住宅ローンの返済に充てることもできます。

賃貸併用住宅は相続税対策にも繋がる

また、土地や家に対してかかる相続税は、それぞれの評価額に対して課税されることになりますが、貸し出している住宅については評価額を一定割合減額させることができます。

そのため、将来相続が発生した時、相続人が負担する相続税を軽減させることが可能となるのもメリットといえるでしょう。

賃貸併用住宅は入居者が決まることが必要

賃貸併用住宅を建てる時、賃貸部分を設けることが前提となるので、貸し出して家賃収入を得るのは入居者に住んでもらうことが必要になります。

そのため、例えば夫婦2人だけの好みの住宅の形やデザインにしてしまったり、立地などの条件があまり良くなければ、入居者が決まらず家賃収入を得ることができなくなる可能性もあると考えておくべきです。

もしDINKS世帯で賃貸併用住宅も検討の1つとして考えたい場合には、プロに相談しながらどのような形で話を進めることがよいか慎重に判断することが必要といえるでしょう。

※賃貸併用住宅に興味のある方はこちらから
https://xn--pqq7cz45b9yzxvy4ba.com/contact