賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > コラム > 老後資金2,000万円不足問題を解決するなら賃貸併用住宅がおすすめ!

老後資金2,000万円不足問題を解決するなら賃貸併用住宅がおすすめ!


金融庁が公表した、老後資金は公的年金以外に2,000万円必要とする報告書の問題。裏を返せば2,000万円不足が生じるということを示しているわけですが、この問題をきっかけに本当に2,000万円で足りるのか?と考えさせられた方も少なくないようです。

超長寿社会になった日本の現状からみて、長期的にシミュレーションを行うことが重要としていますが、自助による私的年金を作ることが必要であることに念を押された形となったわけです。

老後資金を準備する方法として、賃貸併用住宅などを活用する方法もありますが、それも踏まえてこの問題について今一度考えてみましょう。

老後資金2,000万円不足はあくまでも目安

老後どのくらいの資金が必要になるのか、色々な前提を置いて試算することはできても、結局は寿命によるため正しい老後資金の計算は誰にもできません。

今回の2,000万円不足するという試算についても目安にしかすぎず、家族構成や加入している年金、加入期間、持ち家か賃貸かなどによって、2,000万円も必要ない場合もあればそれでは足りない場合もあるということです。

ゆとりのある老後は年金だけでは送れない

総務省のデータによると、年金の平均受給額が約22万円程度とされていますが、もっと少ない年金受給で生活できている方も多くいます。

ただ、生活はできても趣味を楽しんだり、旅行や娯楽にまで充てるお金は残らない可能性があるでしょう。

もし老後を有意義に過ごしたいのなら、年金だけに頼るのではなくやはり自助努力による私的年金の準備は必要なのです。

不動産投資はハードルが高いと感じるなら

私的年金づくりのため、不労所得を得ようと不動産投資を始める方もいます。しかし、マイホームとは別に収益物件を購入するのはハードルが高いと感じる方もいることでしょう。

このような場合、検討したいのが賃貸併用住宅です。自分の居住部分を確保しつつ、賃貸部分も同時に手に入れることができることが特徴です。

まだまだ老後も働いて稼ぐ!というのなら問題ありませんが、高齢になった時、現在のように働ける状態であるとは限りません。

賃貸併用住宅なら、賃貸部分を貸し出すことで家賃収入を毎月得ることができるので、働かなくても所得を増やすことが可能です。