賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > コラム > 賃貸併用住宅に住むメリット > 賃貸併用住宅は1人親家庭にもおすすめできる理由とは?

賃貸併用住宅は1人親家庭にもおすすめできる理由とは?


マイホーム探しをしている場合、1人親家庭などはどのような家がよいか迷ってしまうものでしょう。子どもがいずれ巣立ち、親が1人で住むことになった時、購入したマイホームが広すぎては使わない部屋がもったいないです。

このような場合、使わなくなった部屋を賃貸として使えるように、賃貸併用住宅を購入することを検討してみてはいかがでしょう。

賃貸併用住宅の特徴

賃貸併用住宅とは、戸建て住宅の一部が賃貸部分となっている建物のことで、自分たちが 居住する空間は確保しながら、賃貸として部屋を貸し出すことで家賃収入を得ることもできます。

マイホームを購入すれば、ローンの返済や修繕費用、固定資産税など色々な維持費が必要です。1人親家庭の場合、子どもの教育費など出費も多い中、これらの費用を確保していくことは簡単なことではありません。

そこで、住居の一部を賃貸として利用し、家賃収入を得ることができれば維持費の一部を補てんすることができるでしょう。

老後に不安を抱える1人親家庭でも安心

現在、老後を迎えた時に受け取る年金だけでは、安心した老後生活は送ることができないといわれていますが、1人親家庭の場合さらにこの問題が大きくなるといえます。
なぜなら、受給する年金も1人分なので、生活に十分な金額を受け取ることができない可能性が高くなるからです。

このような場合、リタイアまでに賃貸併用住宅のローンを完済できれば、老後は賃貸部分から得ることができる家賃収入を私的年金として活用できるので、1人親家庭でも安心した老後を迎えることができるでしょう。

他にも賃貸併用住宅にはいろいろなメリットが!

子どもが小さな間は子ども部屋や家族の過ごすスペースとして使用することもできますし、反対に最初は賃貸として利用していても、将来子どもが結婚した時に二世帯住宅に転用することもできます。

また、賃貸併用住宅の場合、固定資産税や相続税の軽減措置も適用されるので、税金対策にも有効です。

リタイア後の生活を考えるなら、耐震性やバリアフリーに配慮した家を選ぶこともよいでしょう。不労所得の糧とすることができる上に、1つの用途に絞られることはないので、家族構成や生活スタイルに合わせて住まいに変化をもたらすことができるといった魅力があります。

様々なメリットや魅力のある賃貸併用住宅ですが、もし1人親家庭の方がマイホーム購入を検討されている場合、選択肢の1つとして考えてみてはいかがでしょう。

※賃貸併用住宅に興味のある方はこちらから
https://xn--pqq7cz45b9yzxvy4ba.com/contact