賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > コラム > 太陽光発電がマイホームに設置されている驚きのメリットとは?

太陽光発電がマイホームに設置されている驚きのメリットとは?


いくら使っても枯渇することのない太陽の光エネルギーで発電することを太陽光発電といいますが、再生可能エネルギーの1つとして扱われています。

太陽光発電が世界で初めて使われたのは、1958年のアメリカの人工衛星で、燃料が届かない宇宙において電源として使用されたことです。

現在は世界で導入されていますが、太陽光発電にどのようなメリットがあるのでしょう。

具体的にどのような仕組みで発電する?

発電してもCO2など有害物質を出さない太陽光発電は、現在、303ギガワット以上という量が世界で導入され、大きな気候変動を防ぎつつ発電できる仕組みとして利用されています

半導体に光を照射することで電気を発生させる光電効果を利用した発電システムで、太陽光を半導体にあてて電子が光のエネルギーを吸収し発動させ、また半導体に戻るサイクルを繰り返しながら電力を供給します。

太陽光発電のメリットは余った分を買い取ってもらえること!

住宅用の太陽光発電は、10キロワット未満の発電容量で発電した電気を使い光熱費を節約できることがメリットです。

ただ、発電した電力量が消費量より多ければ電力にあまりが出ます。その場合、余剰売電により電力会社に買い取ってもらうことも可能です。

反対に発電量が少なく、消費分が足らないという場合は、不足分を電力会社から買い取ることもできますが、電力会社との電気のやり取りは自動で行われるので手間はかかりません。

毎月発生する電気代だからこそ、自給自足によりかかる費用を抑えることができるのがメリットといえます。

初期費用が高くて元が取りにくくならない?

気になるのは、太陽光発電を取り入れる時に初期費用がかかって元が取れないのではないか?ということです。

確かに以前までの太陽光発電は設置費用が高額だったため元が取れないものでしたが、現在はFITというで電力売電のルールである固定価格買取制度が導入されたことで、長期的な資金計画により太陽光発電の設置が可能となっています。

再生可能エネルギーにより発電した電力は、国が定めた価格により電力会社が一定期間買い取ることが義務付けられたので、売電による収入をシミュレーションした上で設置することが可能です。

太陽光発電による電力を売電する時の価格と、どのくらいその価格が継続されるのか、その期間などが定められるので、10~20年間は同じ価格を維持できることとなるでしょう。

やはり初期費用が気になる…そんな場合におすすめなのは?

とはいえ今から導入するとなると一旦悩んでしまうところでしょうが、例えばすでに太陽光発電が設置された賃貸併用住宅なら、月々にかかる電気代を節約できる上に売電による収入を得ることができ、さらに賃貸部分から家賃収入まで見込めます。

お得にマイホームを手に入れるなら、太陽光発電が設置された賃貸併用住宅を検討してみませんか?

※関連地域の物件はこちら
https://xn--pqq7cz45b9yzxvy4ba.com/all_property/sonomama/6956.html