賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

自分に合った賃貸併用住宅を見つけよう!| > 賃貸併用住宅のお役立ちコラム > 都営新宿線で乗り換えられる駅

都営新宿線で乗り換えられる駅


はじめに

電車の移動を便利に使うコツの一つに、乗り換え可能な駅を把握しておくことが挙げられます。
東京の中心都市新宿と、千葉県市川市の八幡をおよそ40分でつなぐ都営新宿線は、走行距離およそ29㎞の地下鉄です。この路線はいくつかの駅で他の路線とつながり、使いこなすことで、東京の中心地から近郊に至るまで便利に移動できます。
今回は、都営新宿線の乗り換え駅と、接続可能な路線などを中心に見ていきたいと思います。

現在、このエリアで募集中の賃貸併用住宅はこちら

都営新宿線の乗換駅と乗り換え可能な路線

都営新宿線は東京都新宿区から千葉県市川市八幡を21の駅でつないでいます。
この中で他の路線と乗り換えが可能な駅は8つ。
都営新宿線で乗り換え可能な路線は、都営三田線と大江戸線、東京メトロ丸の内線・半蔵門線・南北線・東西線があります。また京王新線やJR線中央線・総武線も乗り換え可能です。
一番多い3路線の乗り換えが可能なのは、サラリーマンとOLさん、そして女子高生の街とも称される「市ヶ谷」駅です。

乗り換え便利になった九段下駅

それではここで、昨年改札口改良で便利になった、九段下駅について見てみましょう。
千代田区にある九段下駅には、都営新宿線に加え東京メトロ半蔵門線と東西線が乗り入れています。
この駅で路線を隔てていた壁が撤去され、3路線共通で使える改札口となったのは、2020年3月14日のこと。これによって3つの路線間の乗り換えが便利になりました。

本八幡から大手町方面の乗り換えが超便利に!

都営新宿線の本八幡駅から乗車した場合、東京メトロ半蔵門線の大手町から押上方面の電車が同じホームとなるので、この方面の乗り換えが楽になりました。

もともと都営新宿線と東京メトロ半蔵門線は、ホームが共用できるように設計されていたのですが、鉄道会社が違うことから壁で仕切られていました。しかし昨年この壁が取り除かれたことで、本来の共用ホーム使用が実現し、乗り換えがスムーズになりました。

まとめ

都心やその近郊へのアクセスは、なにかと電車が便利でスムーズです。
特に、都営新宿線の本八幡駅は始発電車に乗れますから、座って通勤・通学できますのでストレスなくゆったり行けるでしょう。
冒頭でもふれましたが、電車移動を便利に使うには、直通電車と乗り継ぎを把握しておくことがポイントです。
さらに千葉県市川市方面で新しい暮らしをはじめたいあなた。始発駅のある大変便利な本八幡駅周辺を、ぜひチェックしてみてください。

現在、このエリアで募集中の賃貸併用住宅はこちら

【総武線×賃貸併用】0円住宅!家賃収入を得ながら住まう@本八幡駅

新規募集中の賃貸併用住宅はこちら