賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > 離れのあるスタイルの二世帯住宅を建てるなら間取りに注意が必要な理由

離れのあるスタイルの二世帯住宅を建てるなら間取りに注意が必要な理由


親世帯と子世帯など、別々の世帯が一緒に生活する二世帯住宅というスタイルの中で、つかず離れずの暮らしができるメリットが高いと注目されているのが「離れ」を建てる形です。

同居というと気を使わなければならないと考えてしまったり、嫁姑問題などが起きないかと心配になったり、少し気が重いと考えてしまうかもしれませんが、離れを建てる二世帯住宅なら同居のストレスがなく、それぞれの世帯の好みに合う家づくりができます。

ただし、ただ母屋と別で離れを建てればよいわけではなく、間取りなど注意しておかなければならない部分もあります。そこで、離れのある二世帯住宅のメリットなども踏まえて、注意しておきたい部分を確認しておきましょう。

離れのある二世帯住宅のメリット

いくら仲の良い親子だとしても、実際に一つ屋根の下で生活してみると想像とは違う部分もあるかもしれません。しかし、離れというごく近い位置に住む形であれば、困った時には助け合い、普段はプライベート空間を守りながら生活ができるはずです。

実際、夫婦が共働きの場合など、人生の大先輩である親に子育ての協力をしてもらえると助かるでしょうし、高齢になった親がケガや病気など困った時にはすぐに助けてあげることもできます。

□費用を軽減させることもできる

マイホームを持つことは夢だけれど、土地探しから始めれば多額の費用がかかるという場合でも、実家のそばに離れを建てて住む形であれば建物にかかる費用だけで済むのもメリットと言えるでしょう。

離れを建てた方が、増築するより費用を抑えることができる場合もあるので、どのくらい費用がかかるのか確認しておくと安心です。

□同じ敷地にいることは様々な部分で安心

時にはまとめ買いをして親世帯と子世帯で分け合ったり、急な雨で洗濯物を取り込まなければならない時にお願いしたり、離れでの二世帯住宅ならお互いに助け合いながら生活できます。

また、子世帯が遠くに住んでいると、孫に会いたくてもなかなか会うことができないという親の不満も解消できるでしょう。

一つの敷地に二つの世帯が生活しているので、防犯面でも安心ですし、高齢者を狙った詐欺などの犯罪に騙されるリスクも軽減できます。

ただし、希望通りの間取りにならないこともある!

ただし、広い敷地にそれぞれの世帯の希望を実現させるために、注意しておきたいのは間取りです。

自分たちが希望する間取りがあっても、敷地に限りがあるので建物の大きさも制限されます。中には法律上、希望する間取り通りに建てることができない場合もあるでしょう。

住みやすさや使いやすさを実現させるために、母屋との位置によって、どのような間取りなら日当たりや風通しがよいのか、窓の位置など工夫することも必要になります。

専門家に相談しながら間取りや位置などを決めてみては?

親世帯と子世帯が、母屋と離れという形の二世帯住宅で生活することを検討する場合、離れを建てる時には希望する間取りにならない場合もあるかもしれません。

そのため、なるべく希望に近づけるためにも、専門家に相談しながらどのような形がベストか検討するようにすると良いでしょう。