賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > 賃貸併用住宅を建てるメリットとは?

賃貸併用住宅を建てるメリットとは?


賃貸併用住宅とは、一部が賃貸部分になっている家です。これから家を建てようという場合や、建て替え、既に所有している土地に家を新築する時などの土地活用方法として選ばれています。

賃貸部分から家賃収入を得ることができるので、自宅に住みながら賃貸経営もできるのは最大のメリットと言えるでしょう。

他にもいろいろなメリットがある賃貸併用住宅という家の形についてご紹介します。

ローンの返済は家賃収入から!

賃貸併用住宅の賃貸部分から得た家賃は、住宅を建てる時に利用したローンの返済に充てることも可能です。

一般的なマイホームから利益は生まれませんが、賃貸併用住宅は収益性を備えた住宅であるのが特徴です。

ローンに対する返済を軽減できる!

また、住宅の半分以上が自らの居住用であれば、アパートローンや投資ローンではなく住宅ローンを利用することができるのもメリットです。

通常、収益用の賃貸住宅を建てる時や購入する時には、アパートローンや投資ローンなどを利用しなければなりません。

これら事業用ローンは、住宅ローンよりも金利が高く、返済期間も短めなので、返済額が大きくなりがちです。しかし賃貸併用住宅で住宅ローンを利用できれば、長期に渡って低い金利で返済を続けることができ、さらに入居者から得た家賃を返済に充てることができるので返済負担を大きく軽減できます。

老後の自分年金に!

将来、老後を迎えた時にどのくらいの年金を受取ることができるのは不安だらけですが、このような時代だからこそリタイアまでに家のローンを完済しておくことが必要です。

賃貸併用住宅で定年までにローンが完済できれば、老後には住居費を抑えることができ、さらに家賃収入という自分年金を作ることも可能になります。

ライフスタイルの変化に合わせた住まいを確保できる!

また、子どもが結婚して新しく世帯を持った時などは、これまで他人に貸していた賃貸部分を二世帯住宅に変更することもできます。反対に今は二世帯住宅として利用していても、賃貸部分へと変更して賃貸経営を行うことも可能です。

将来家族構成が変わった時など、ライフプランに合わせて住宅の形を変えやすいのも賃貸併用住宅ならではのメリットと言えるでしょう。

収益性のある家の形

これまでは大家族で生活していたけれど、それぞれ独立して別々に暮らすようになったので住まいを建て替えたい時におすすめです。また、今の家族に必要な広さに合わせて住まいを小さくする時など、縮小する部分で賃貸住宅を付加することもできます。

収益性のある新しい住宅の形が賃貸併用住宅です。メリットの高いマイホームを手に入れてはいかがでしょう。