賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > 将来は二世帯住宅を賃貸住宅として活用することって可能?

将来は二世帯住宅を賃貸住宅として活用することって可能?


今は二世帯住宅に住んでいるけれど、親世帯、もしくは子世帯が一緒に住まなくなったとき、住宅を賃貸として利用することを考えてみてはいかがでしょう。

事前に賃貸経営に利用することを前提とした住居の設計をしておけば、いずれは収益物件としても利用することができます。

誰も住まなくなった部屋ができるのはもったいない!

二世帯住宅で親子それぞれの世帯が一緒に生活するスタイルは、お互いのプライバシーは守られ、その上で近くに家族がいる安心感も得られるので人気です。

しかし、ずっと一緒に生活するわけではなく、いずれはどちらかの世帯が一緒に住まなくなる可能性もあります。

そのとき、玄関、リビング、お風呂やトイレなど、別々に設置したことが無駄になってしまうかもしれないと考えるともったいないことです。

単にもったいないだけでは済まず、仮にローンが完済できていなければ返済は続くことになりますし、二世帯住宅の建物が建つくらいの敷地なので、土地と建物にかかる固定資産税もかさみます。

そこで検討したいのが、いずれは賃貸住宅として経営できる形の二世帯住宅です。

将来は賃貸住宅として利用するなら?

将来、賃貸住宅として利用可能とするには、単に生活を世帯ごとに分けるのではなく、電気やガスなどのメーター類も分け、遮音対策、玄関は双方からみえない様にするといった配慮も必要になります。

木造ではなく鉄骨鉄筋造りにしたり、木造でも材料や建て方で防音効果を発揮できる形にするなどの設計が重要です。

また、家の一部が賃貸住宅になると考えると、同じ敷地で生活していてもお互いのプライバシーがしっかりと守られることが大切といえるでしょう。

どのような人からニーズが高い?

たとえば地方から出て初めて都内で生活する大学生や新社会人など、生活に不安を感じている人にとって二世帯住宅の賃貸住宅は安心できる物件といえます。

家主がすぐ近くにいて、地元のことで何かわからないことがあればすぐに尋ねることができるというのは、知らない土地で初めて生活する人にとって心強いはずです。

近年、他人とかかわることや近所との繋がりを煙たがる傾向が強くなったとも感じられますが、二世帯住宅の賃貸住宅ならそのような人と人とのつながりを大切にした暮らしができます。

現在は二世帯住宅だけれどいずれはどちらかの世帯がいなくなることも考えられるという場合、新しい賃貸住宅の形として検討してみてはいかがでしょう。