賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > 不動産投資は老後に適した資産運用

不動産投資は老後に適した資産運用


公的年金に対する不安が高まっているなかで、老後に備えて蓄財をすることは大切なことです。
しかし、蓄財だけでなく資産運用による定期的な収入があると老後の生活に対して安心感が高まります。
不動産投資は老後に適した資産運用と言われますが何故なのでしょうか。

老後における資産運用の重要性

日本は既に人口の減少期に入っています。
公的年金は老後の生活における収入の中心でしたが、少子高齢化が進むことによって年金制度自体が不安視されています。
また、高齢化が進むことによって社会保障費の負担も増大していく可能性が多いにあります。将来、懸念されるのは公的年金は増えない又は減る一方で社会保障費などの負担が増えるということです。公的年金が増えなければ生活資金は減るばかりということになります。
そこで、資産運用によって公的年金以外に収入を得る方法を作っておくことが老後の生活の安心に繋がるのです。

資産運用の種類

世の中には色々な資産運用の方法がありますが、資産運用というと代表的なものは株式投資、投資信託、外貨預金などが挙げられます。
資産運用であれば何でも良いという訳ではなく、それぞれに特徴がありますのでメリット、デメリットを認識した上で資産運用を行うことが大切です。
例えば株式投資は投資対象とする企業によって株価の値動きは異なり、配当の有無も異なります。
また、事故やコンプライアンス違反などによって最悪のケースでは株価がほぼ無価値になることも無い訳ではありませんので注意が必要です。

老後に適した資産運用とは

老後に適した資産運用を考える前に自身がどのような老後の生活を送りたいのかを十分に考える必要があります。
公的年金のほかに生活に困らない程度の安定的な収入があれば良いということであれば、資産運用として不動産投資がお勧めです。
不動産投資は家賃収入が毎月安定的に入ってきますので、年金効果によって老後の生活に安心感が持てます。
不動産投資は一般的に投資金額が高額になるためローンによる借入を行いますので、老後の生活に入る前にローンを完済している状態が望ましいと言えます。
このためには早目に投資を始めることが大切です。そこで更にお勧めなのが賃貸併用住宅での資産運用となります。
条件を満たすことで低金利の住宅ローンが利用できるというメリットがあるためです。
また、持ち家も併せて所有することが出来るため老後において賃貸住宅のように自分自身が居住するために家賃を負担するということも無くなります。
老後の生活に備えて賃貸併用住宅を検討してみるのは如何でしょうか。