賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > 二世帯住宅で発生する空き家問題

二世帯住宅で発生する空き家問題


二世帯住宅を建てようとすると親子で自己資金を出し合ったり、親子ローンや収入合算による借入をしたりすることなどにより建設資金の調達方法に様々な選択肢が産まれるメリットがあります。しかし、その一方で長い視点で捉えたときに空き家が発生という問題が潜在しています。

二世帯住宅を建てる動機

二世帯住宅を建てる動機としては次のものがよく挙げられます。
・親と同居することは当然のことだから
・親の介護をしなければならないから
・親の土地があれば建物の建築費だけで済むから
親が望んだから
二世帯同居には資金的なメリットが大きく親が働いていて収入があればかなりの金額を住宅ローンで借り入れることも可能です。
しかし、メリットもあれば当然デメリットもあります。別々に暮らしていた世帯が一緒に暮らすことになったときには、プライバシーの問題などで双方の世帯がストレスを抱えたりするものです。
こうした事態を極力避けるために水廻りを分けた二世帯分離の住宅を建てる方も多いのですが、実はこの選択が後々に空き家問題に発展することがあります。

二世帯住宅の空き家問題

台所、風呂、トイレなどの水廻りを世帯ごとに完全に分けた二世帯住宅であれば、比較的トラブルは起きにくくなりますが、それでもひとつ屋根の下での生活ということもあり、親子の仲が上手くいかず、親世帯又は子世帯のどちらかが家を出ていってしまうことが起こることがあります。また、順調に二世帯で生活をしていても長い間には親世帯が亡くなってしまうこともあります。
このようにして二世帯住宅の空き家問題が顕在化することになるのです。二世帯住宅で一世帯だけが生活するには無駄に大きなスペースが出来てしまい修繕や掃除などの維持管理が大変になるだけでなく、固定資産税や都市計画税の支払いもありますので出費も大きくなってしまいます。

将来を見据えた賃貸併用住宅

そこで、この空き家問題の解決策としてお勧めなのが二世帯住宅を賃貸併用住宅で建てることです。水廻りを二世帯ごとに分けて、玄関も二世帯別々にすれば片方の世帯が空き家になったときに賃貸することができますので無駄なスペースになりません。このため防音性を高めるなど将来的に賃貸することを前提とした造りにしておくことが必要です。
また、せっかく賃貸仕様で建てるのであれば、他にも賃貸用の住戸を備えることで新築直後から賃貸収入を得ることも可能となり、住宅ローンの返済に回すことができるというメリットもあります。
もし、二世帯住宅を建てるのであれば思い切って賃貸併用住宅にしてみるのはいかがでしょうか。