賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > 賃貸併用住宅の建築に際しての注意点

賃貸併用住宅の建築に際しての注意点


賃貸併用住宅を建築しようと考えたときに様々な選択をしていく必要があります。そられの選択を失敗してしまうと後悔しても間に合わないということもありますので、事前に十分検討をして判断していきましょう。

賃貸併用住宅は不動産投資

まず、様々な選択を行う前に十分に認識しておかなければならないことがあります。それは賃貸併用住宅を建てて他人に賃貸するということは不動産投資であるということです。賃貸併用住宅だからといって甘く考えていると失敗をする可能性が高くなります。
賃貸併用住宅を建築するということは、その時点で投資が始まっているということですから、建築を始める前にその意識を高めておく必要があります。

賃貸併用住宅を建築するに際して

まず、賃貸併用住宅を建築すると決めたら、どこに施工してもらうかを選択しなければいけません。この選択の前に、木造、鉄骨、鉄筋コンクリートなど構造による特徴と耐用年数による減価償却費の違いについても認識しておきましょう。構造によっては対応できない工務店やハウスメーカーもあります。また、賃貸併用住宅の実績が多い工務店、ハウスメーカーを選択するのもトラブルを少なくするポイントとなります。
賃貸併用住宅は間取り、自宅の位置をどうするかは非常に重要なポイントになります。自宅は自分の好きなようにすれば良いのですが、賃貸部分は賃貸需要者のニーズを十分に反映したものにしましょう。
そのような意味では1階を自宅に、2階を賃貸にするほうが賃貸部分の稼働率が上昇する傾向が高いようです。また、賃借人と玄関の方向を別にするなどして、あまり気を使わせない間取りにするのも有効かもしれません。なお、水廻りの設備などが賃貸する世帯数分増えますので建築費が相当に高くなりますので、一般的な戸建住宅とは比較にならないことを十分に認識しましょう。
建築資材の選択に際しては内壁や床については遮音性の高いものを選ぶようにしましょう。他人とひとつ屋根の下で生活するのですから、互いの生活音が出来る限り気にならないようにするとストレスが減ることになります。また、遮音性の高さをアピールポイントにできれば入居率にも寄与することと考えられます。

アドバイザーが大切

賃貸併用住宅の建築は初めての方にとってはなかなか難しいものです。中古の賃貸併用住宅を購入して転居するというのもひとつの選択肢として有効でしょう。もし、自分で建築する場合には二世帯住宅に詳しいアドバイザーから意見を聴くことが出来ると安心です。
賃貸ニーズを無視した自己満足の賃貸併用住宅を建築してしまうと、後でローンの返済ができない、売却も上手く出来ないということにも成りかねませんので注意をしましょう。