賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > 賃貸併用住宅の建て方

賃貸併用住宅の建て方


マイホームが欲しくて不動産投資にも興味があるという人にお勧めなのが賃貸併用住宅です。賃貸併用住宅を手に入れるとしたら既に建てられている物件を購入するか、自分の持っている土地などに新たに賃貸併用住宅を建てるかの方法になるかと思います。
もし、賃貸併用住宅を建てるとしたらどのような建て方をすれば良いのでしょうか。

賃貸併用住宅とは

賃貸併用住宅とは、所有者などが自ら居住するための住宅部分と賃貸可能な部分を併せ持った住宅のことです。賃貸併用住宅の所有者は自分の家に住みながら賃貸経営を行うことが可能となります。
この賃貸併用住宅のメリットには、自己の住宅部分が過半であれば金融機関で低金利な住宅ローンを利用することができること、賃貸部分が稼働することによって所有者は家賃収入を得ることができることなどがあります。賃貸経営による利益を住宅ローンなどの返済に回すことで家計の負担を大きく減らすことができるようになるのです。

賃貸併用住宅の建て方

すでに出来上がっている賃貸併用住宅を購入するのであれば実際の建物を目で見て確認することができますが、賃貸併用住宅の流通量はあまり多くありません。通常のマンションやアパートなどを購入して一部を自宅として利用するということもありますが、自分の気に入った建物が見つかる可能性は低いでしょう。
もし、土地を持っている又は購入して自分の思うような賃貸併用住宅を建てるとしたらどうでしょう。賃貸併用住宅の建て方について考えてみたいと思います。

自分の生活と賃貸のバランス

賃貸住宅を建てるとなると自らが居住するスペースと賃貸に供する部分とのバランスが大切になります。例えば出来上がる建物のなかでも最も日当たりが良く、最上階など賃貸住宅であれば家賃が高く取れる場所を自宅にしてしまうと家賃をより多く獲得できる機会を失することになります。
もし自らの居住スペースを一番大事にしたいということであればそれはそれで構わないのですが、家賃獲得を重視したいということであれば1階を自宅部分にするということなどを検討しなければいけません。また、施主の思い込みだけで間取りを決めてしまうことが無いようにしましょう。例えば賃貸住宅に対するファミリー需要が多いエリアでワンルームの間取りで賃貸住宅を作っても空室が多くなる可能性が高くなってしまいます。
賃貸併用住宅の建て方として大切なことは、事前に物件のあるエリアの賃貸需要者がどのような間取りを求めるのか、その間取りはどれくらいの賃料が取れるのかを十分に調査して把握し、これを賃貸併用住宅の建築に際して役立てることです。