賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > 賃貸住宅の入居者を募集する方法とは

賃貸住宅の入居者を募集する方法とは


一般的なのは不動産会社に仲介してもらう方法

住宅を賃貸に出す場合は、不動産会社に入居者を探してもらう方法が一般的です。不動産会社には手数料を取られてしまいます。そのため、できるだけ不動産会社を通したくない、と考える人もいるでしょう。
しかし、借り手の立場からすれば、不動産会社の存在は安心材料です。あなたがマンションなどを賃借する場合を考えてみてください。まずは不動産会社に足を運ぶ、という人が多いのではないでしょうか。
不動産会社に仲介してもらう方法だと、店舗だけではなくインターネットにも物件情報が掲載されます。大手不動産会社であればあるほどWebサイトへのアクセスも多いです。できるだけ早く入居者を見つけたい、という場合は、大手不動産会社を利用すると良いでしょう。

個人的な人脈をたどってみるのもアリ

不動産会社による仲介が一般的な賃貸ですが、やはり貸し手・借り手ともに手数料を削減したい気持ちは持っているはずです。そのため、個人的な人脈をたどってみるのもアリですね。
人脈をたどる方法だと、入居者の良しあしを自分自身で判断しやすくなります。また、入居者募集にかかるコストもありません。入居してくれそうな知人がいる場合は、ひと声かけてみると良いですよ。
ただし、賃貸の話がうまく進まなかった場合、人脈が損なわれる可能性もあるので注意が必要です。無理に人脈を使おうとせず、あくまでも借り手が見つかればラッキー、くらいの気持ちで取り組むと良いでしょう。

不動産会社の営業担当者と親しくなることが大切

不動産会社に入居者の仲介を依頼しても、なかなか借り手が見つからないことがあります。立地条件が悪かったり、家賃が高かったりといったケースも考えられます。しかし、そもそも不動産会社であまり入居希望者に紹介してもらえていない可能性もありますよ。
不動産会社は一度に多数の物件を扱っています。そのため、来店者にすべての物件を紹介できるわけではありません。営業担当者は、多くの利益が出る物件や、今後も長い付き合いをしたい大家さんの物件を優先して紹介することになりますよね。
そこで、まずは不動産会社の営業担当者と親しくなると良いでしょう。大家として好意的な印象を持ってもらえれば、トラブルが少ないとみて積極的に紹介してもらえる可能性が高まりますよ。不動産会社に仲介を依頼する、という一般的な入居者募集方法でも、工夫をするかしないかで入居者が見つかるペースに差が出ます。少しの工夫が大きな利益につながることも考えられますから、しっかり営業担当者とコミュニケーションをとってくださいね。