賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > シェアハウスビジネスを始めれば補助金がもらえるケースがある

シェアハウスビジネスを始めれば補助金がもらえるケースがある


シェアハウスは人間同士の交流を生む

シェアハウスには占有スペースが少なく、共有スペースが多いです。そのため、必然的に人間同士の交流が生まれやすくなります。
人と人との生のつながりが減りつつある現代において、人間関係をはぐくむ材料としてシェアハウスを活用できるのです。

人のつながりを生みたい地方自治体はシェアハウスビジネスを好感

地方部では、人口減少や少子高齢化が深刻な地域が少なくありません。人間関係が希薄になり、地方の活力が失われています。
シェアハウスを誘致することができれば、地方部でも人のつながりを生み出すことができます。シェアハウスが増えれば、一時的にシェアハウスに居住する人も出てくることが期待されますね。中長期的に地方部に住んでいる人が、外部の人々と交流する機会が生まれる可能性もあります。
地方は閉鎖的なイメージがあり、若年層には敬遠されがちです。シェアハウスの存在によって開かれた地方であることをアピールできれば、若年層の流入にも期待できます。

シェアハウス創業に補助金を出す自治体も

地方の活性化を図るため、シェアハウスビジネスを始めるにあたって補助金を支給する自治体もあります。長野県茅野市が行っている取り組みです。
シェアハウスビジネスは都市部で行われがちです。地価が高く、家賃の安い物件を探している人々が多いと考えられるからです。
そこで、地方自治体は補助金を支給することで、地域における交流の場としてのシェアハウス整備を推進しているのです。地方自治体としても、自治体の施設を新たに建設する場合と比べ、財政支出を大幅に抑えられるメリットがあります。地方で事業が営まれれば税収増にもつながりますね。
近年、地方の良好な環境を求めて移住する若年層が増えてきています。在宅ワークの増加なども、地方への移住を後押ししています。
地方部ではなかなか同年代の人々が少なく、退屈な生活になってしまうのでは、と懸念する若者が少なくありません。シェアハウスであれば人との交流もしやすく、若者への地方移住支援策としてもシェアハウスへの補助金は効果的ではないでしょうか。

補助金を活用すればさらに低コストでシェアハウス経営が始められる

シェアハウスへの不動産投資は、初期コストを抑えられる点が魅力です。補助金を活用すればさらに初期コストを抑えることができますよ。なかなか元手が貯まらず、不動産投資を始められない、という人は、低コストで始められるシェアハウス経営を、補助金の活用を含めて検討してみてはいかがでしょうか。