賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > 賃貸併用住宅で民泊を運営するには

賃貸併用住宅で民泊を運営するには


賃貸併用住宅で民泊を運用するには

いま話題の民泊についてですが、
外国人の訪日が増えるにつれ、ホテルが足りず、
一般の民泊(Airbnbなど)を利用される旅行者の方も増えております。

ワイドショーなどでも色々取り上げられているように、
様々な問題やトラブルもあるようですが、
「民泊に泊まりたい方」「民泊として貸したい方」がまだまだ多いのも事実。

a0002_010444

一時の過熱度は無いものの、
数件の民泊を運営されている方は実績を積み、
物件数を拡大している運営者も多いです。

そうなってくると、求められるのは、「民泊運営が可能な物件」

民泊運営者が実際に、物件を所有して、
運営しているケースは稀で、
多くの運営者は賃貸として借りて運営しています。

何もしなくても入居者が入居してくれるような人気物件で試みる必要はありませんが、

「やや人気のないエリア」

「相場より賃料を上げたい時」

「募集時期が悪い場合」

「間取りと需要とのバランスが悪い場合」

など、要は苦戦している時には、民泊可能物件として
賃貸するのも有りかと思います。

a0960_005961

ただし、現状としては、法律的にもグレーゾーンで、
運営する側は法律的に色々注意しなければなりません。

大家さんとしても、民泊用として賃貸する場合は

いつも利用している「家賃保証会社」や「家財保険」などが、
適用外となる可能性が御座います。

このあたりは民泊の扱いに慣れている「不動産会社」を選ぶことも重要!

それぞれ、ちゃんと民泊対応可能な商品を選ぶことが大事です。

a0002_011316

オリンピック以降、どのような法律整備されるかは未定ですが、
投資として、いまのトレンドを押さえることは重要ですね。