賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

Tag Archive: 賃貸

  1. ~女子部屋のススメ~

    Leave a Comment

    女子は文房具からL●NEの着せ替えまで、自分だけのカスタマイズをするのが好き。
    さらに近年は「SNSにアップしたい」というのも、一つのおしゃれ基準になってきています。

    カフェ風のキッチン用品にとっておきの食器に統一感のあるカトラリー、
    透け感のあるシャンプーボトルに存在感のあるカーペットラグ。
    雑誌に載っているようなおしゃれなお部屋は女子の憧れの的です。

    gahag-0112178651-1

    これから家を借りる人も、女性目線を考えるオーナーさんも、
    ぜひチェックしてみてください!

    広さより明るさ!

    一人暮らしの方は特に、広さはそこまで重要視しない方が多いです。
    それより気にされる方が圧倒的に多いのは、明るさ。

    gahag-0112732863-1

    天井が低かったり窓からの採光があまり入らない物件は新築であってもピンとこないようです。
    ロフト物件が良く見えるのは、ロフトの広さというよりかは天井が高いことによる開放感がポイントになるようです。

    アクセントクロスは勝負ポイント!

    最近流行りのアクセントクロスは、工夫次第でワンランク上のお部屋にすることができます!

    gahag-0106591297-1

    特にお部屋の広い面に使われていると、一気におしゃれ感が出ますね!
    シンプルな家具にも合わせることができます。

    ただし柄ものはお部屋のテイストがはっきりしてしまいますので、好みが分かれる可能性が。
    今は一般の方でも買えるような賃貸向けの貼って剥がせるおしゃれクロスもありますので、

    デザイナーズは依然人気高し?!

    女性に希望者が多いデザイナーズ物件。
    代名詞ともいえるコンクリート打ちっぱなしは、スタイリッシュで見た目からおしゃれですよね。
    機能性では防音、防火、耐震などのメリットがありますが、
    熱伝導性が高い(夏は暑く冬は寒い)というネガティブポイントがピックアップされることも。。

    そうは言っても相場より高い賃料で貸せて見栄えもするのがデザイナーズ物件。
    貸す側も借りる側も、普通の物件と差別化したい!という方におすすめです。

    白基調の部屋は広く見える?!

    膨張色の白は空間を広く見せる効果があり、
    反対に黒などのダークカラーは空間を引き締める効果があります。
    よくお洋服や、マンガの表現などで言われることが多いですね。

    gahag-0097722544-1

    部屋を明るく広くも見せられる上に清潔感があり、
    どんなテイストのお部屋でも色を合わせることができるため、比較材料にしてみてください。

    女子が気にする設備・条件とは?!

    こだわりが強い方と薄い方、それぞれいらっしゃいますが

    ほぼ絶対必須:室内洗濯機置場、バストイレ別、駅徒歩10分以内
    なるべく希望:オートロック、2口コンロ、バスルーム
    あると嬉しい:独立洗面台、宅配ボックス

    がよくお客様から聞く条件です。
    キッチンはIHかガスコンロかは調理器具によりますが、ガス希望の方が多いです。
    シャワールームではなくバスタブがいい、というのも女性に多い意見です。

    gahag-0002086527-1

    余談ですが、男性は温水洗浄便座(ウォシュレット)を希望に入れる方が多い傾向のようです。

    文化の作り手は女性

    今や文化の作り手といわれる女性の目線。
    お互いの需給がマッチする、すてきな物件が増えていくといいですね。

    gahag-0105180166-1


  2. 入居者募集中の間・・・電気代負担は??

    Leave a Comment

    最近は、朝から晩まで、休日も返上して、
    みなさんよく働いている方が多いので、
    お部屋の内見も夜遅い時間などに希望される方も多いようです。

    a0002_003045

    「そんな時間も内見できるの?」

    不動産屋さんも、
    22時など遅くまで営業しているところも多くなってます。

    「そんな時間も内見できるの?」
    とお思いの方もいらっしゃるでしょうが、
    内覧可能物件の多くは、業界では「現地対応」といって、
    現地のポストや暗証番号付きのキーボックスに鍵を入れて、
    いつでも内覧できるようにしている物件も多いのです。

    a0002_011981

    そうすることで、
    「すぐ見たい」という方にも対応できる為、
    機会損失を最大限に減らすことができます。

    早く入居者を付けるには「現地対応」

    オーナー様によっては、
    「現地対応」は嫌だと断る方もいらっしゃいますが・・・

    不動産会社としても、
    「管理会社立会での内見」や「管理会社への鍵引取り」の物件に比べると、
    ある程度時間のコントロールがし易い、「現地対応」の物件が、
    案内するにも非常に便利な為、お客さんに紹介しやすいのです。

    a0055_000393

    早く入居者見つけたい場合は「現地対応」に限ります。

    結局、入居者募集中の電気代は誰が払うの?

    さて、話がずれましたが、
    夜遅い時間に内見するには、室内の照明が必要ですね。

    契約に至れば、基本的には、
    入居者さんが電力契約をして利用料や基本料を払うわけですが、
    それまでの間は「オーナー様」で契約をする必要があります。

    もちろん、契約せずに、
    電気を通さない方法もあるのですが、
    夜間の内見が出来なかったり、
    設備の不良確認が出来なかったり、電力で動く清掃道具も使用出来ない等と色々不便です。

    ただ、使っても使わなくても電気代の基本料金は掛かります。

    a0002_006836

    使う頻度に比べると、基本料が割高に感じてしまうかも。

    そんな場合に、オススメ

    そんな場合に、オススメの電気会社があります。

    Looopでんき
    https://looop-denki.com/

    東日本大震災の被災地に独立型ソーラー発電セットの無償設置したことを機に、
    設立された電力会社です。

    いまは電力会社が自由に選べる時代

    2016年4月以降「電力自由化」によって、
    電力会社が自分で選べるようになりました。

    上記のLooopでんきは基本料が掛からない為、
    使用頻度が少ないと思われる場合などには、
    オススメの電力会社です。

    申込はwebのみ、支払いはクレジットカードのみ等、
    諸々条件はありますので、ご興味ある方は一度、HP参照下さいませ。


  3. インターネット検索の落とし穴について

    Leave a Comment

    賃貸契約の契約金として敷金、礼金、仲介手数料は一般的かと思います。
    お部屋探しをする際にお客様がインターネットのSUUMO、HOMESなどのサイトで
    検索をして不動産会社へ問い合わせをする事が多いと思います。

    a0002_000474

    気を付けて下さい

    お部屋探しをする際に多くの人が敷金、礼金、家賃に重点を置いて検索をするため
    そこに目がいってしまいますし、検索サイトはわかりやすくそこを強調しています。

    ただ気を付けて下さい。
    敷金、礼金、家賃以外にも賃貸物件の契約には別途費用が必要となります。

    a0002_000308

    別途必要な費用は敷金、礼金、家賃以外の欄にその他費用として記載されています。

    本当に正しい情報?

    地域によっては礼金0とうたっている物件に、
    契約一時金など返金されない契約金が必要となることがあります。

    a0001_014254

    お部屋探しをする際には、掲載されている情報は必ず細かく確認しましょう。


  4. 結露の放置で20万円の請求?!

    Leave a Comment

    冷え込む季節になって来ました。
    エアコン等を使用すると、室内と外の温度差で窓ガラスに「結露」が発生するようになります。

    a0001_017602

    この「結露」、放置するとやっかいな事態を招きかねません。

    特に気密性の高いマンションでは結露が発生しやすく、水滴により窓サッシ・フレームの傷みの原因になります。
    ベランダ側のガラスの結露を放置し続けた結果、フローリングが変色した事例もあります。

    フローリングの含水率が一定量を超えると表面の化粧単板が捲れてしまいます。
    木目から割れるケースもあり、補修としては張り替え以外方法がありません。

    更に怖いのが内部結露

    表面結露による被害も怖いですが、更に怖いのが内部結露です。
    こちらは結露が壁(断熱材)のなかに浸入することで引き起こされます。

    あるマンションの住人から「壁紙の一部が変色している」との報告がありました。
    壁紙を剥がして確認したところ、窓下の壁内部構造が腐っていました。
    原因はサッシ・ガラスの結露が壁紙に伝わり、その表面から内部に浸入し発生したカビでした。

    a1180_003126

    補修のためにカビの発生した断熱材を撤去・補修し、サッシ補強と壁紙の張替えが行われました。

    これには工事費用が20万円弱かかりました。

    結露での補修費用等は賃借人の負担

    賃貸においては結露での補修費用等は賃借人の負担になってしまいます。
    冬場は寒く、換気等がおろそかになりがちです。

    a0002_004042

    カーテンを開けておくだけでも効果がありますので、簡単な予防から始めてみるといいかもしれません。