賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > 一般的なマイホームより賃貸併用住宅が断然お得!そのメリットとは?

一般的なマイホームより賃貸併用住宅が断然お得!そのメリットとは?


自宅と賃貸物件が一緒になった新しい形のマイホームが賃貸併用住宅です。

1つの建物の中に、自分たちが居住する自宅部分と、人に貸し賃貸物件として利用できる部分が存在することになります。

マイホームとして賃貸併用住宅を選ぶことで、一般的な住宅にはない様々なメリットを享受することができますので、どのような面で得をするのかご説明します。

自宅に住みながら家賃収入を得ることが可能!

賃貸併用住宅の一番のメリットは、何といっても入居者から家賃収入を得ることが可能となる点です。

日本の地価は今後、大きく上昇する可能性は少ないといわれていますので、資産を所有していても上手く活用して収益を生み出さなければ、維持費用の負担が重くなりすぎ負の資産を抱えることになる可能性もあります。

その点、賃貸併用住宅は家賃収入という収益を生むことができるスタイルの住宅ですので、老後の安定した生活の糧とすることができるでしょう。

賃貸経営でも住宅ローンを利用できる

賃貸経営を行う場合、収益不動産を購入する場合には不動産投資ローンやアパートローンと呼ばれるローンを利用することになります。

しかし不動産投資ローンなどは、購入する物件の何割かを初期費用として準備しておく必要があることが一般的ですし、住宅ローンより返済期間も短く金利も高めです。

賃貸併用住宅も賃貸部分が含まれるので、住宅ローンではなく不動産投資ローンなどを利用しなければならないのでは?と思うかもしれませんが、実は住宅ローンの利用が可能となっています。

国は住宅取得に関する色々な優遇制度を設けていますが、住宅ローンもその1つのため、低金利で長期に渡る利用が可能となっています。条件のよいローンを利用して賃貸物件を購入できることは大きなメリットといえるでしょう。

住宅ローンの返済負担は家賃収入で軽減!

世帯の支出の約4分の1は住居費が占めるといわれていますが、実際に住宅ローンを利用して購入しても、その後の返済負担が心配…という方もいるかもしれません。

しかし賃貸併用住宅なら、家賃収入を得ることができるので住宅ローンの返済は得た家賃でまかなうことができます。

家計に負担をかけることなく夢のマイホームを手に入れることが可能です。

ライフステージの変化にも対応しやすい!

将来は子どもと二世帯住宅として住みたいと考える場合、それまでは賃貸併用住宅の賃貸部分を人に貸して家賃収入を得て、その後、二世帯住宅として利用し直すことも可能です。

先に親との二世帯住宅として利用し、後に賃貸として利用することもできるなど、家族構成や生活スタイル、ライフステージの変化に対応しやすいことも賃貸併用住宅のメリットです。

もしマイホーム探しをしているのなら、賃貸併用住宅を候補として検討してみてはいかがでしょう。

おすすめの賃貸物件はこちら
http://xn--pqq7cz45b9yzxvy4ba.com/contact