賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > 賃貸併用住宅の一般的な利回りと年収はどのくらい?

賃貸併用住宅の一般的な利回りと年収はどのくらい?


賃貸併用住宅で賃貸経営を行うなら、どのくらい儲けが出るのか気になるところです。

そもそも賃貸併用住宅は、自宅と賃貸住宅が一緒になっていることが特徴ですが、家賃収入を得ながらマイホームに住むことができることが魅力です。

一棟、賃貸アパートを購入して経営するよりも、利回りはよいのかなど確認してみましょう。

賃貸併用住宅のメリット

賃貸併用住宅で賃貸経営を考える場合、アパートやマンションを経営するより賃貸として貸し出す戸数が少なくなることが多く、毎月の家賃収入も多くない点は理解しておくことが必要です。

大きな利益を得ることは期待できないかもしれませんが、入居者がいれば安定して家賃収入を得ることができるため、賃貸併用住宅を建てる時に利用したローンの返済に充てることはできます。

いずれローンの返済が終われば、得た家賃収入を生活費に充てたり、老後資金の備えとして蓄えることもできるでしょう。

表向きの利回りは高くなくても…

また、貸し出す戸数が少なければ利回りも低めです。しかし、賃貸併用住宅は条件次第で比較的低金利の住宅ローンを利用することができます。

仮にアパートを建てようと思えば、金利が高めの投資ローンを利用することになりますが、賃貸併用住宅は総面積の51%を超えて自宅部分の面積がある場合など、住宅ローンを利用できる可能性が高くなります。

賃貸併用住宅は節税効果も高い?

また、不動産を所得した時にかかる不動産所得税も、単なるマイホームであれば築年数に応じて建物の固定資産税評価額から100~1,200万円が控除されることになりますが、新築の賃貸併用住宅なら1,200万円の戸数分の控除が可能です。

表向きの利回りは低いと感じるかもしれませんが、総合的に見れば高い利回りで経営することができるでしょう。

賃貸併用住宅で目指す利回りは?

利回りは支出と収益の割合を指すため、一般的なアパートの利回りを知りたいなら、建築にかかった費用や税金、諸経費などを合算し、家賃収入で割って計算します。

一般的には8~10%くらいが目安ですが、坪単価や地域、経営や管理の方法などで差が出ます。

一方、賃貸併用住宅の場合は、一般的なアパートなどの利回りの半分である5%前後を目安としておくとよいでしょう。

賃貸併用住宅を検討するなら収支計画をしっかり立てる

マイホームを購入したいけれど、賃貸経営にも興味がある方や、家賃収入をローンの支払いに充てて負担を軽減したいという方には賃貸併用住宅は魅力的な物件です。

また、表面利回りだけをみれば一棟でアパートを建築して経営するほうが優れているかもしれません。しかし、利用できるローンや節税効果などを考えると、賃貸併用住宅も利回りが悪いわけではありません。

いずれにしても、しっかりと収支計画を立てた上で賃貸経営を始めることが大切です。

 

現在オススメの賃貸併用住宅はこちら♪