賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > 台風発生時にマンションのガラスが破損しないための対策とは?

台風発生時にマンションのガラスが破損しないための対策とは?


毎年のように台風は日本列島にやってきて、強風で自転車が倒されたり、家の瓦が飛んだり、掲げていた店舗の看板が落下したりと様々な被害をもたらします。

高層階のマンションの場合、窓ガラスに飛来したモノがあたって割れることもあるので、雨戸やシャッターなどを閉めてガラスが破損しないように注意しなければなりません。

しかし、マンションに雨戸やシャッターが備えられていない場合、窓ガラスの破損を守るためにどうすればよいのか、台風対策を確認しておきましょう。

雨戸やシャッターのないマンションの場合

マンションでも高層階に位置する部屋には雨戸やシャッターがついていないことが一般的です。理由としては、雨戸やシャッターを閉めると窓との間に少し隙間があいてしまい、風圧で雨戸やシャッターが飛ばされてしまう可能性があるからです。

仮に雨戸やシャッターが飛ばされると、通行人や駐車している車、隣家の窓にあたって被害を及ぼすことになるので、最初から設置されていないことがほとんどです。

さらに、景観を損なうという部分でも、雨戸をつけていない場合もあるようです。その代わりに強化ガラスなどが設置されているので、台風によりモノが飛んできても簡単には割れなくなっているとも言えます。

ただし、ある程度の強風なら問題ないかもしれませんが、飛来物があたった衝撃で窓ガラスにヒビが生じてしまうことはあるでしょうし、破損することもあるはずなので、やはり対策が必要です。

具体的にどのような対策がおすすめ?

台風で飛来物がマンションの窓ガラスにあたり、ヒビや割れなどが生じないようにするために、次のような対策をおすすめします。

来物の衝撃などによってヒビが入ったり、割れたりすることがあるので対策方法をお伝えします。

・窓に養生テープやガムテープなどを貼る

窓ガラスの内側に、養生テープやガムテープなどをバッテン印の形に貼ります。ガムテープはガラスに跡が残りやすいですが、養生テープや窓の保護用テープなら簡単にはがすことができて便利です。

・窓に飛散防止フィルムを貼る

万一窓ガラスが割れた時の為に、ホームセンターなどで販売されている飛散防止フィルムを貼っておくと便利です。

・段ボールで補強

窓の外側から、大きさを合わせた段ボールをガムテープなどで貼って補強しておくと安心です。

室内のカーテンもしっかり閉めておくこと!

テープやフィルム、段ボールなどで窓ガラスが割れた時の対策を行ったら、室内のカーテンもしっかり閉めておきましょう。

もしガラスが破損した場合でも、カーテンが閉まっているとガラスの破片が飛び散ることを防ぐことができます。

台風の季節になると心配になることは増えますが、マンションだけでなく一戸建て住宅でも使える窓ガラス保護の対策ですので、事前に行っておくと安心です。