賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > 賃貸併用住宅を建てるメリットは住宅ローンを利用できるだけじゃない!

賃貸併用住宅を建てるメリットは住宅ローンを利用できるだけじゃない!


マイホームを建てる時、賃貸部分を併せて建築することで、そこから家賃収入を得ることができる「賃貸併用住宅」の場合、一定要件を満たすことで住宅ローンを利用することができます。

住宅ローンの返済を、賃貸部分から得た家賃から充てることができるので、都市部の資産価値が高い土地を有効に活用する方法として注目を集め始めています。

他にも賃貸併用住宅を建てるメリットはいろいろありますので、具体的になぜ得をするのか確認しておきましょう。

低い金利の住宅ローンを利用して家賃収入を返済に充てられる

多くの場合、住宅ローンを利用してマイホームを購入しますが、一般的なマイホームから収入を得ることはできません。そのため、住宅ローンの返済の原資は勤務先からの給料などから充てなければならないでしょう。

収益物件である賃貸住宅なら建物自体が収入を生み出してくれますが、物件購入には住宅ローンは利用できず、投資ローンやアパートローンなどの金利が高いローンを利用しなければなりません。

しかし、賃貸併用住宅のうち、自宅部分が50%以上あることなど、要件を満たせば住宅ローンを利用することができます。マイホームに居ながら家賃収入を得ることができ、さらに金利の低い住宅ローンを利用することもできれば、返済の負担はかなり楽になるでしょう。

賃貸併用住宅は将来の不安を払しょくしてくれる新しい住宅

近年では先行きが不透明なことが多く、将来年金は受給できるのか、物価はどうなるのか、そしてローンを抱えること自体に不安を感じる方もいるでしょう。

しかし、賃貸併用住宅を建てることで、将来の不労所得に繋げることができる可能性が広がり、ローン返済への不安も払しょくすることができます。

実質的な返済負担を抑えることが可能

仮にサラリーマンが一般的なマイホームを建築したとしましょう。毎月の住宅ローンの返済は給料から負担することになると考えられますので、家計を圧迫してしまうかもしれません。

しかし、賃貸併用住宅であれば、一般的なマイホームよりも費用が高くなるので借入額は増えますし、月々の返済額も高くなります。しかし、家賃収入を得ることができるため、実質的な負担は一般的なマイホームを購入するより抑えられる場合がほとんどです。

賃貸併用住宅で安心できる暮らしを手に入れてみては?

また、賃貸併用住宅を建てることで、確定申告ではローン利息や減価償却費を必要経費に計上できたり、不動産所得がマイナスになれば給与所得との損益通算で所得税を軽減できたりといったメリットもあります。

借入額は増えたとしても、実質的な負担を抑え、マイホームを建築できるのが賃貸併用住宅なのです。