賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > 台風が起きた時に窓ガラスの破損から守るシャッターの役割

台風が起きた時に窓ガラスの破損から守るシャッターの役割


猛暑と呼ばれる夏が終わると、だんだんと涼しさが増し秋の到来です。そうなると雲行きに怪しさが出てきて台風が次々と発生します。

日本では夏から秋にかけて台風が発生する確率が高まる傾向にありますが、かつての日本家屋は台風到来時には雨戸が窓ガラスの破損を防いでいました。しかし、現在は雨戸が少なくなったため、シャッターがその役割を果たしています。

台風の時にシャッターは役立つ!

台風が上陸した時には強風で物が飛ばされ、窓ガラスに直撃するガラスが破損してしまう可能性があります。

電動で閉めることができるシャッターもあるので、雨戸の代わりに窓辺に使用するなど窓ガラス破損への対策を行いましょう。

台風が発生しても影響を受けやすい地域もあれば、そうでない地域もあるかもしれません。しかし、周囲に風を防ぐ建物などが少ない場合には、万一の窓ガラスが破損しないためにもシャッターを閉めておくべきです。

窓ガラスが破損してしまうと、雨とともにガラスの破片も部屋の中に入ってきてしまうので、ケガなどのリスクが高まります。

□日用品も移動しておくことが必要

窓ガラスが割れる原因として、強風に飛ばされた物が直撃するだけでなく、周辺に置いていた物干しや植木鉢などが倒れ、窓にあたってしまうことも考えられます。そのため、なるべくこれらの日用品類はガレージの中にしまっておくことも必要です。

シャッターが老朽化していないか確認を

せっかくシャッターを閉めていても、あまりの強風でシャッターが飛ばされてしまう場合もありますので、不具合や異常が生じていないか事前に確認しておきましょう。

開ける時に開けにくさを感じたり、異音を発する場合には劣化している可能性もあります。

□シャッターのメンテナンスも行うこと

また、開けにくいシャッターを無理に開閉することを続けていると、シャッターの板が変形してしまい、板とレール部分が擦れることで劣化を早めます。

もし開ける時に重さを感じるなら、レールに砂ぼこりが溜まっていないか確認して、シャッターのスプリングや溝にシリコンスプレーなどを塗っておくとよいです。

台風が起きた時被害を受けないために

さらにシャッターを補強するために、シャッターに簡単に取り付けて台風などによる破損を防ぐシャッターガードという杭を付けることを検討してみましょう。電動シャッターや窓のシャッター以外の一般的なシャッターなら取り付けることが可能です。

実際に台風が発生し、強風で窓ガラスが割れてしまうとケガを負う可能性があるため、事前に自然災害への対策を行っておくことが大切です。