賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > 二世帯住宅を2階建てにする時のポイントとは?

二世帯住宅を2階建てにする時のポイントとは?


二世帯住宅を建てるメリットとして、それぞれの世帯の建設時の負担を軽減させ、住んでからのローン、生活を送る上での経済的効果が期待できる点です。

世帯ごとの独立性を尊重しながら、交流を持ち協力し合える住まいが二世帯住宅ですが、2階建の二世帯住宅を建てる場合、どのようなことに注意すればよいでしょう

2階建住宅に二世帯で住む場合

例えば親世帯と子世帯、それぞれがお互いに気がねすることなく生活できるように、二世帯住宅では家事スペースを分離することが基本です。

また、満足できる形にするために、世帯の生活ゾーンをしっかりと分けつつ、お互いに家事や育児を協力できるスペースや導線を作っておくと安心できるでしょう。

そこで、2階建住宅で二世帯が暮らす場合、どのような形で建てれば良いのか確認しておきましょう。

□独立二世帯

すべての生活空間を分離させ、それぞれの世帯が独立して暮らす形の二世帯住宅です。2階建住宅でも玄関を2か所、上下に設け、キッチンや浴室なども2つ設置します。

完全に日常生活を分けることが可能なので、プライバシーを確保できますが、2つの世帯が交流や協力するための行き来をどのように行うかがポイントになるでしょう。

□共用二世帯

食事空間は独立させ、玄関は共有しても浴室やキッチンなどは別々に設け、共用できるスペースとそうでない部分を上手く使い分ける形の二世帯住宅です。世帯それぞれのプライバシーを守りながら気がねすることなく生活するために、世帯ごとの専用部分と共用部分をどのように分けるのかがポイントです。

□融合二世帯

玄関や食事空間を共用し、世帯別にサブリビングなどの空間を設けます。玄関は1つだけれど、キッチンはメインとサブの2つ用意することで、それぞれの世帯が使うこともできるでしょう。

家事や育児を協力して行いやすい二世帯住宅の形で、多く共用部分を設けることから、個人の居場所をどのように確保するのかがポイントになるでしょう。

二世帯であることのメリットをいかした生活を!

二世帯住宅は世帯同士が上手く協力しあいながら、家事や育児を行うことができることが最大メリットと言えます。

ポイントとなるのは、2つの世帯で一緒に子どもを育てることができる空間を設けることです。

子ども部屋までの導線を、プライベートゾーンを通らないで直接行くことができるようにすれば、それぞれの世帯が気がねすることなく協力しあうことができます。