賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > 賃貸併用住宅では家主だけでなく入居者も火災保険への加入が必要!

賃貸併用住宅では家主だけでなく入居者も火災保険への加入が必要!


火災や自然災害などで住居に損害が生じた時のために、火災保険に加入しておくことは大切なことです。

仮に保険に加入していなくても、損害分を補うだけの貯蓄などがあれば問題ないでしょうが、賃貸併用住宅など自らの住居と賃貸住宅が一緒になっている住宅の場合は簡単に考えてはいけません。

家主だけが火災保険に加入していても意味がない?

賃貸併用住宅の場合、建物に対して火災保険に加入するだけでなく、家具や設備に被害が及んだ場合に家財に対しても火災保険が必要です。さらに、水漏れなどが起きて階下に住んでいる入居者の家財に損害を与えてしまった時のために賠償責任保険も必要と言えるでしょう。

また、入居者の過失で火事が起きることも想定されますので、入居者にも火災保険に加入してもらう様にしてください。この場合、賃貸契約を結ぶ時の賃貸借契約書に保険への加入を条件として付加するようにしましょう。

入居者に加入を勧める火災保険の内容

入居者に加入してもらう保険の内容として、入居者の家財保険以外に個人賠償責任保険や借家人賠償責任保険があります。

個人賠償責任保険は、他人にケガを負わせた時や他人の財物に損害を与えた時に法律上の損害賠償責任を補償する保険です。借家人賠償責任保険は、入居者が事故などで借用中の建物に損害を与えた時、家主に対する損害賠償責任を補償する保険なので、加入しておくようにしましょう。

家主と入居者どちらも安心して生活するために

賃貸併用住宅は一戸建て住宅の中に、自分が住む居住用部分と賃貸住宅として貸し出す部分が存在する住宅です。

自宅に住みながら家賃収入を得ることができるメリットがありますが、火災保険に関しては入居者が個別に加入することが必要ですので、必ず加入してもらうようにしましょう。

実際、賃貸併用住宅において、入居者の過失による火災も多く発生しています。火災保険への加入を義務付けていなければ、入居者の過失により火災などが発生しても修繕費が負担してもらえないという問題が発生します。

損害額が大きくなるほど入居者も負担を抱えることになるので、火災保険に加入しておくことで家主も入居者も安心して住むことができます。

万一のリスクへの備えは重要

賃貸併用住宅で家主と入居者が快適に暮らすには、万一nリスクにもしっかり備えておくことが必要です。

そのため、気を付けていれば火災や水濡れ事故など起きないだろうと安易に考えるのではなく、もし事故が生じた時のためにしっかり保険で備えるようにしてください。