賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > サラリーマンにおすすめの老後資金の貯め方とは?

サラリーマンにおすすめの老後資金の貯め方とは?


都心の中古マンションを購入し、賃貸経営を行って家賃収入を得るという方法は、若い世代のサラリーマンの間でも浸透しています。

マンションを購入するには資金が必要ですが、ローンを利用して物件を買う方法なら、サラリーマンという属性からも不可能ではないからです。

老後資金の貯め方はいろいろありますが、この不動産投資が注目されている理由は、将来、不労所得を得ることに繋がることにあると言えるでしょう。

なぜ老後資金の貯め方の1つが不動産投資?

例え数千万円でローンを利用し、物件購入して借金を抱えたとしても、最終的には負債を上回るだけの収益を得ることができると期待されているのが不動産投資です。

老後資金の貯め方として不動産投資が注目されている理由は期待できる利益が2つあることです。まず先にも述べた家賃収入、そしていざ物件を手放した時に得られる売却益です。

ただし、どのような物件でも不動産投資が成功するわけではありません。極論から言えば入居者が決まらなければ家賃収入を得ることはできなくなるので、立地の良さやニーズの高さが重要になります。

老後資金を貯めることができる物件か見極めが重要!

セールスポイントになる部分がある物件なのか確認し、投資資金が高くなりすぎてトータルの利回りが低下しないかも見極める必要があります。

また、賃貸管理を行う必要があるので、管理会社などに任せる場合にはその費用も発生する点を理解しておく必要があるでしょう。

最終的にどこかのタイミングで物件を売却することになった時、売却までに時間がかかることや買い手が見つからないこともある可能性も考えておく必要があります。

不動産投資は他にもメリットがある!

物件を購入する時にローンを利用することで団体信用生命保険に加入することになります。団体信用生命保険は、ローン契約者に万一のことがあった時に保険金が支払われ、その保険金はローンの残債に充てられる仕組みです。

万一のことがあっても保険でローンを完済でき、現物資産として物件は遺族に残すことができるという点はメリットと言えるでしょう。

また、不動産投資は節税対策にも有効とされていますが、経費や損失などを所得税や住民税などの節税に利用することが可能だからです。さらに相続が発生すれば路線価で評価されることになり、実勢価格より相続税を抑えることも期待できるでしょう。

優良な物件選びが成功のポイント

老後資金の貯め方の1つとして不動産投資を考える場合、ローリスク・ローリターンではなく、ミドルリスク・ミドルリターンの投資方法であると理解しておくようにしましょう。

ポイントは優良な物件をなるべく安く購入できることで、長い期間運用することで安定した家賃収入を得ることに繋がります。

複合的な要素を踏まえながら収支計画を立てていくことになるため、実績があり信頼できる専門家に相談するようにしてください。