賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > 少ない元手でも賃貸経営で家賃収入を得ることはできる?

少ない元手でも賃貸経営で家賃収入を得ることはできる?


投資を始めようと考える場合、初期費用として多くの資金が必要になると思うかもしれません。しかし、賃貸経営で家賃収入を得ようと考えるサラリーマンなどは、少ない元手の資金で不動産投資を始めています。

賃貸経営で家賃収入を得たいと考える場合、必ずしも多額の資金が必要になるというわけではないといえるでしょう。

物件金額が安いのは理由がある?

仮に元手となる資金が100万円しかないという場合でも、不動産投資は可能です。

100万円までで賃貸借を可能とする収益物件を購入すれば良いだけなのですが、その場合、大変小さいスケールで不動産投資を行うことになります。

購入するときにかかる費用を低く抑えることができれば、表面上の利回りは非常に高くなる収益物件になります。しかし、高い利回りを示す安い物件は、それなりの理由があるはずです。

駅から距離が遠い場合であったり、築年数が多く経過している物件など、安いなりの理由が存在する可能性が高くなると理解しておきましょう。

入居者が獲得できる物件か見極めを

そもそも、家賃収入を得るためには購入した収益物件に入居者がいることが必要ですので、いくら利回りが高い物件だといわれても、結局は入居者が決まらなければ何の意味もないということです。

安い物件に投資するときほど、入居者を獲得できるかの見極めが重要になるといえます。

元手をローンの諸費用に充てる方法

また、100万円以内で購入が可能な上、投資する価値も高い物件を探すのは一苦労です。そのため、100万円という元手をローン利用時の諸費用に充てて収益物件を購入することを検討してみましょう。

ローンを利用して収益物件を購入するようにすれば、選択範囲を広げることができます。

収益物件を購入して家賃収入を得ることができるようになれば、ローンの返済は得た家賃から行うことができます。

金融機関は何を基準に融資を決定するか

なお、収益物件を購入するときには、住宅ローンではなく投資用ローンを利用することになります。融資を受けることができるかは金融機関の判断となりますが、購入する物件の収益性が重要になりますので、表面的な利回りではなく、年間で得られると想定される家賃収入から必要経費などを差し引き、その金額を物件購入価格で割って算出する割合である実質利回りが重要になることを理解しておきましょう。

また、購入する物件の担保価値なども判断の基準とされるので、あまりに安い価値のない物件では融資が受けられない可能性があると考えておいた方が良いといえます。

少ない元手で不動産投資を始めるなら

家賃収入を得るためには入居者が決まることが必要です。そのためにはニーズの高い収益物件を購入した上で賃貸経営を行うことを考えなければなりません。

少ない元手で不動産投資を行うことを考えるなら、その元手だけで収益物件を購入することを考えるのではなく、ローンを利用することを前提とした資金に充てることを検討してみましょう。